皆さん、おはようございます。

ようやく確定申告書の提出が完了し、ちょっとホッとしているゴールデンウルフです。

これから暫くは税務署からの連絡がない事を祈るばかりです。

さて今回のブログはここ最近の大相撲ニュースで気になった記事について書いてみたいと思います。

◆元琴欧州独立、鳴戸部屋復活へ
元大関琴欧州の鳴戸親方が独立するという記事でした。

鳴戸親方は佐渡ヶ嶽部屋の部屋付き親方をしていましたが、3月中に協会理事会の承認を経て4月から部屋を設立するとの事。

部屋の名称は『鳴戸部屋』で、2013年12月に消滅したものが復活する事になる。

消滅する前の鳴戸部屋には新横綱 稀勢の里が入門から所属した部屋です。

ここからはゴールデンウルフの勝手な想像となってしまうが、稀勢の里は鳴戸という年寄名跡にはかなりの思い入れがあるものと推測してます。

ようやく、横綱となった稀勢の里もいつかは引退する事になる。

その時には鳴戸親方となって鳴戸部屋を運営したいという思いがあるのではないかと思えてならない。

現在の鳴戸親方である琴欧州は稀勢の里と年齢も3つしか変わらない。

この事からも稀勢の里が鳴戸と名乗る事というのはあるのだろうか?

今後も年寄名跡の取得や交換といったものにはアンテナを高くしていきたいと思います。

◆元旭天鵬・大島親方 友綱部屋を継ぐ!
もう一つ若干驚きのニュースが飛び込んできた。

元旭天鵬の大島親方は友綱部屋の部屋付き親方をしていましたが、現在の友綱親方が定年を迎えるにあたり、部屋を引き継ぐ事になる。

このニュースが何故驚きなのか!

それは、友綱部屋には元大関魁皇の浅香山親方が部屋付き親方をしていた。

しかし、浅香山親方は独立して浅香山部屋を設立している。

魁皇は、入門からずっと友綱部屋の力士だった。

一方、旭天鵬は大島部屋の閉鎖に伴い、友綱部屋に移籍してきた力士だった。

この背景から考えると現在の友綱親方の定年の時期というのは決まっている。

しかし、魁皇には部屋を継がせないという事がどこかの時点で告げられた事により、独立に踏み切ったのではないかと推測してしまう。

ゴールデンウルフとしては、魁皇も旭天鵬もどちらも好きな力士であったが、やはり独立という険しい道を選んだ元大関魁皇の浅香山親方により頑張ってもらいたい。


【ブログランキングに登録中です】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


恋愛運・金運のことなら、小樽の天然石専門店【パワーストーンROP】