放送席の面々_夏_10日目
皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所もいよいよ今日から終盤戦にはいります。

優勝争いは日馬富士、白鵬が2歩リードと言った感じですが、その他にも高安の大関昇進にも注目したいゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十日目
実況は吉田アナウンサー

正面解説は舞の海秀平さん。

向正面解説は元小結栃乃花の二十山親方でした。
向正面の方_夏_10日目


【主な取組結果】十日目
十日目は全勝の横綱白鵬と1敗の高安との一番、またもう一人の全勝の横綱日馬富士の取組を振り返ってみたい。


◆日馬富士 - 栃煌山
全勝の日馬富士は栃煌山との一番でした。

今場所の日馬富士は本当に低く当たっています。

日馬富士は当たった後も直ぐに押して攻めていきました。

そのまま栃煌山を寄り切って10連勝としました。

栃煌山に何もさせませんでした。

十一日目、日馬富士は御嶽海との取組が組まれました。


◆白鵬 - 高安
高安は胸で当たっていこうとするところ、白鵬は張って高安の勢いを止めました。

四つに組んでからは終始白鵬の方が有利に見えました。

そして白鵬は頭を付けて寄っていきました。

結局、白鵬が高安を寄り倒して初日から10連勝としました。

十一日目、白鵬は豪栄道との取組が組まれてます。


◆優勝の行方は?
今場所ここまで日馬富士と白鵬の両横綱が勝ちっぱなしで10連勝としております。

高安が白鵬に敗れた為、1敗は居なくなりました。

[全勝]日馬富士 白鵬
[2敗]照ノ富士 高安 正代 栃ノ心 宇良

中日までは2敗が9人居ましたが、稀勢の里を含む5人が九日目に敗れ、あっという間に4人となってしまいました。


◆新入幕の二人
新入幕の阿武咲は十両臥牙丸との一番でした。

阿武咲は低く当たっていきました。

臥牙丸は突き放していきました。

阿武咲はいなして臥牙丸の横に回ろうとしたところで阿武咲の足が流れてしまいました。

阿武咲は前に倒れてしまいました。

決り手は押し倒しで臥牙丸の勝ち。

敗れた阿武咲はこれで6勝4敗となってしまいました。


豊山は石浦との一番でした。

立ち合いで石浦が低く潜り込んできました。

豊山はガッチリと首を決める様な状態で暫く膠着状態が続きました。

膠着状態から豊山が出ていったところ、石浦も体制を入れ替えようとしましたが、豊山が小手で思い切って振り回し、石浦を土俵下まで投げ捨てました。

豊山は初日以来の2勝目を上げました。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


マットレスを変えると姿勢も変わる。エアピーク誕生【あんみん】