皆さん、おはようございます。

今日から世間一般は3連休です。

今週は非常に忙しい日々を過ごしていましたので、連休は少しのんびりしながら疲れを癒したいと考えているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】六日目
実況は太田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さんが今場所2度目の正面解説でした。

向正面解説は元小結栃乃花の二十山親方でした。


【主な取組結果】六日目
稀勢の里と照ノ富士が六日目から休場となってしまいました。

そんな中、六日目の取組からは全勝の白鵬、1敗で白鵬を追う高安、そして調子を上げてきている日馬富士の3つの取組を振り返ってみたい。


◆高安 - 栃ノ心
この取組は長い相撲となりました。

高安はいつも通り胸で当たっていきました。

栃ノ心は頭をつけて終始良い体勢で取組を進めましたが、高安を寄り切る事は出来ませんでした。

高安は悪い体勢でも諦めずに少しずつ体制の不利を修正していき最後は寄り切りました。

1分35秒の熱戦でした。


◆白鵬 - 北勝富士
白鵬は立ち合いで張っていきました。

北勝富士は白鵬の張り手に怯む事無く出ていきましたが、白鵬は直ぐにいなしてそのまま送り出しました。

白鵬はこれで今場所6連勝として、通算勝星数も1,042とし歴代最多勝星である魁皇の1,047まであと5となりました。


◆日馬富士 - 勢
日馬富士は既に2敗しているので白鵬を追うという事では厳しい状況ですが、相撲内容はだんだん良くなっている様に見えます。

日馬富士は変わらず低く頭で当たってきました。

勢はいなそうとしましたが、日馬富士は前に落ちる事なく、そのまま勢を押し出しました。


◆稀勢の里と照ノ富士が休場!!
稀勢の里は五日目の勢との取組での足首のじん帯を痛めてしまい2場所連続での途中休場となってしまいました。

照ノ富士は場所前に左膝の手術を受けて今場所に臨んでいましたが、初日からほとんど自分の相撲が取れない状況が続いており、六日目から休場となりました。

稀勢の里、照ノ富士共にしっかりと怪我を治してまた、土俵に戻って来てもらいたいものです。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


うなぎ通販の美食市