2016年09月

勝手に番付予想_九州場所

皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

9月場所も終わってしまいました。

次の11月場所は九州場所になります。

折角なのでゴールデンウルフなりに九州場所の番付を幕内だけですが予想してみました。

いつも三役くらいまでは予想してますが、幕内全員を予想してみたところ、非常に大変でした。

まず、三役以上ですが、これは簡単です。番付毎に見て勝ち星の多かった順に並べればまず間違えません。

強いて言えば、関脇1枠、小結2枠空きが出るので、誰が昇進するか考えましたが、隠岐の海、御嶽海、玉鷲の3人で間違いないでしょう。

9月場所の番付を考慮すれば、隠岐の海が西関脇になるでしょうね。

ちょっと難しいと思ったのは東前頭14で13勝2敗と一応優勝に準ずる成績を収めた遠藤。

ゴールデンウルフは前頭筆頭まで上がると予想します。

最も難しいと思ったのは前頭11以下ですね。

十両に陥落するのは何人で、それは誰か、また、十両から誰が上がってきてどこの番付に収まるのか。

それと全休となった逸ノ城と1勝10敗時点で残り4日を休場した千代鳳の番付はどこまで下がるかという予想が難しかったです。

結局、私の勝手な予想としては、十両に陥落するのは5人と予想しました。

正式な番付発表は平成28年10月31日(月)です。

発表がありましたら、答え合わせもしてみたいと思います。

【ゴールデンウルフもブログランキングに登録しました!】
ゴールデンウルフのブログを寛大な心で見守って頂ける方はクリックをお願いします(^^)/~~~

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


サンデースポーツ生出演
(サンデースポーツ恒例の優勝力士生出演より)
デーモン閣下の服装がインパクトあり過ぎ!
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

今日は、9月場所の15日間を振り返ってみたいと思います。

場所前は、大関 稀勢の里の横綱昇進が話題の中心でした大相撲9月場所。

しかし、稀勢の里は初日黒星発進となってしまい、また初日の相撲の内容も良くなかった。(`□´)コラッ!

そんな中、前半戦の場所を盛り上げたのは、前頭筆頭の隠岐の海。

何と2横綱、3大関を破り、初日からの6連勝としていた。

一方、大関 豪栄道は、大関 琴奨菊と揃ってカド番の場所。

それ程話題には上がらず、他の上位陣が黒星を喫する中、豪栄道は勝ち越し目指して白星を積み上げていた。

そして。七日目には豪栄道と隠岐の海の全勝同士の一番。

中盤戦くらいから豪栄道の相撲は非常に安定している様に見えた。

そして、十一日目の稀勢の里戦、十二日目の鶴竜と自分の相撲を取り切っての全勝をキープした。

一番厳しい相撲になったのは、やはり十三日目の横綱 日馬富士戦ではないかと思う。

立ち合い低く当たった日馬富士に押し込まれ、そのまま土俵を割るかと思った時、逆転の首投げで日馬富士が背中から倒れた。

首投げで負けた横綱 日馬富士が苦笑いしていたのが印象的でした。

豪栄道は残り2日間もプレッシャーはあったはずだが、安定した相撲を取り切り、見事に全勝で初優勝を飾った。

【優勝インタビュー】
優勝インタビュー

【その他のトピック】
壱)もう一人のカド番大関 琴奨菊は、十三日目に体調が万全でない照ノ富士に勝った時点でカド番を脱した。

弐)大関 照ノ富士は膝の具合が悪いのでしょう、七日目から何と9連敗してしまい、4勝11敗と大きく負け越し。

来場所はカド番となってしまう。自分の相撲が取れる様に膝のケガの回復を祈ります。

参)前半戦の主役だった前頭筆頭の隠岐の海は九日目から5連敗もあり、9勝6敗で場所を終えた。

初日からの勢いから考えると若干寂しい結果となったが、来場所は関脇だと思うので、また場所を盛り上げてもらいたい。

【ゴールデンウルフもランキング登録しました!】
このブログを応援してくれる方はクリックをお願いします。

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


コーヒーマシンが無料でもらえる!【ネスレ日本公式】

放送席の面々_千秋楽
ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

大相撲9月場所は昨日、遂に千秋楽でした。

既に十四日目で大関 豪栄道の初優勝が決まってましたが、注目は全勝優勝なるかと言ったところでした。

【放送席の面々】千秋楽
実況は三瓶アナウンサー

千秋楽の正面解説は北の富士勝昭さん。

北の富士さんは今場所、初日、五日目、中日、十日目、千秋楽と5回も正面解説を務めてました。

向正面は舞の海秀平さん。

ここ数年、初日と千秋楽はいつも北の富士さんと舞の海さんが鉄板な気がします。
向正面の方_千秋楽

【主な取組結果】千秋楽
初日から14連勝で十四日に既に初優勝を決めている大関 豪栄道。

千秋楽は全勝優勝を掛けて大関 琴奨菊との一番でした。

立ち合い若干押し込まれましたが、しっかり潜り込んで見事に寄り切り、初優勝を全勝で自ら花を添えた。

今場所の豪栄道は本当に我慢出来ずに引いてしまうという場面が見られなかった事が全勝優勝に繋がったと感じた。

これで11月の九州場所では横綱昇進を掛ける場所になる。

おそらく白鵬も戻ってくるのでハイレベルは優勝争いが予想されるが、今場所の様な相撲を取り続けられれば綱も見えてくるのではないでしょうか。
豪栄道初賜杯

その他の取組としては最後まで優勝争いに加わっていた遠藤が千秋楽でも錦木を寄り切り、13勝2敗で初の技能賞を獲得した。

今場所の遠藤は東前頭14でしたので、来場所ではまた前頭の上の方になり、上位陣との取組もあるかと思うので期待したい。

それと今場所新関脇で10勝を上げ、来場所は大関昇進を掛ける場所になると思われる高安の千秋楽は碧山との一番。

残念ながら全く良いところなく、碧山に押し出され、終盤3連敗。

これで今場所は10勝5敗で終える事となった。

千秋楽結びの一番は横綱同士、日馬富士と鶴竜との一番は、日馬富士が難なく寄り切った。

鶴竜はこれで10勝5敗で今場所を終える事となり、休場明けの場所とはいえ、そろそろ横綱として後が無くなってきた感じがある。

【今日の安美錦】千秋楽
千秋楽は東十両4の英乃海との一番で、見事にはたき込み勝ち越しを決めた!ヾ(=^▽^=)ノ

これで来場所も番付を上げて幕内返り咲きを目指す事となった。

【ゴールデンウルフもランキング登録しました!】
このブログを応援してくれる方はクリックをお願いします。

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


日本最大級のオンラインゴルフ場予約サイト 楽天GORA

放送席の面々_十四日目
ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

大相撲9月場所は昨日、十四日目で遂に大関 豪栄道が初優勝を果たしました。

連勝も14連勝とし、今日の千秋楽では全勝を掛けての一番となります。

【放送席の面々】十四日目
実況は藤井アナウンサー

十四日目の正面解説は伊勢ヶ濱親方こと元横綱 旭富士。

向正面は谷川親方こと元関脇・北勝力でした。
向正面の方_十四日目

【主な取組結果】十四日目
初日から13連勝としている大関 豪栄道。

豪栄道が勝てば文句なしの初優勝となる十四日目は西前頭6の玉鷲との一番。

立ち合いも相手より低く当たり、そのまま中に入って寄り切って初優勝!!そして14連勝!!

優勝が決まるとニュース速報も流れました。
豪栄道初優勝
まだ千秋楽が残っています。千秋楽は大関 琴奨菊との一番に全勝優勝を掛けます。

ここまで来たからには全勝優勝をして九州場所に臨んでもらいたい。

それ以外の取組では既に二桁の勝ち星を上げている高安と最後まで優勝争いを演じていた遠藤の一番。

遠藤は今場所調子が良いのでしょう。高安を寄り切りって12勝目。

高安は先場所小結で11勝上げており、今場所も10勝。

来場所は大関昇進を掛ける場所となるので千秋楽でもう一つ白星を積み上げたいところです。

高安は千秋楽東前頭5の碧山との取組が組まれている。

【今日の安美錦】十四日目
十四日目は西十両筆頭の大砂嵐との一番でしたので十両で一番最後の取組でした。

土俵際で大砂嵐を渡し込み、軍配は安美錦に上がりましたが物言い(*・ω・)ノ

安美錦の顔が明らかに嫌そうになったのが印象的でした。

協議の結果、軍配通り安美錦の勝ちとなり、これで今場所は7勝7敗となり、千秋楽に勝ち越しを掛ける事となった。

千秋楽は東十両4の英乃海との取組が組まれている。

【ゴールデンウルフもランキング登録しました!】
このブログを応援してくれる方はクリックをお願いします。

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

9月場所千秋楽対戦
【9月場所】十四日目取組 へ戻る


オリジナルラベルワイン

↑このページのトップヘ