2017年05月

放送席の面々_夏_千秋楽
皆さん、おはようございます。

遂に大相撲夏場所が終了してしまいました。

来場所に向けてまた、色々なデータを集計して皆さんにお届けしたいと考えているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】千秋楽
実況は刈屋アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さんといつも通りの千秋楽解説でした。
向正面の方_夏_千秋楽


【主な取組結果】千秋楽
千秋楽結びの一番である日馬富士と白鵬の取組を振り返ってみたい。

◆日馬富士 - 白鵬
立ち合いは日馬富士の方が低く当たって白鵬より良い立ち合いに見えました。

しかし白鵬は終始落ち着いていました。

長い相撲となりましたが、白鵬は自分が有利な体勢になるまで決して勝負を焦らず、最後まで冷静でした。

最後は寄り切って白鵬の勝ち!!

白鵬は38回目の優勝を全勝で自ら花を添えました。
賜杯


◆表彰力士
(三賞受賞)
[殊勲賞]
御嶽海(初)   8勝7敗

[敢闘賞]
阿武咲(初)  10勝5敗

[技能賞]
高安(2回目) 11勝4敗
嘉風(3回目)   8勝7敗

[十両優勝]
錦木(初)        10勝5敗


◆新入幕の二人
阿武咲は貴景勝と20歳同士で10勝4敗同士の一番でした。

激しく当たり合いました。

貴景勝の突きが阿武咲を上回りました。

軍配は貴景勝に上がりました。

阿武咲の新入幕は10勝5敗で終えました。

阿武咲は頭から当たっていき直ぐにはたきました。

はたいた事により、荒鷲に回しを与えてしまいましたが、阿武咲も左下手を引きました。

左下手をつかんだまま寄っていったところ、荒鷲の足が土俵を割りました。

阿武咲はこれで二桁10勝4敗として明日の千秋楽は貴景勝との取組が組まれております。


豊山は十両旭大星との一番でした。

豊山は突いて最後は左の上手を取って寄り切り豊山は4勝11敗で夏場所を終えました。

来場所、豊山は十両からの出直しとなるが、また幕内に戻って来てもらいたいです。



これで大相撲夏場所は終了となりました。

ゴールデンウルフのこのブログもあまり入れ込まずに更新を続けていきます。

ありがとうございました m(_ _)m


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


【JR東海公式通販】いいもの探訪

放送席の面々_夏_14日目
皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所は今日千秋楽を迎えます。

終わってしまうと祭りの後の様な気持ちになってしまうゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は大坂アナウンサー

正面解説は元横綱 旭富士の伊勢ヶ濱親方。

向正面解説は元関脇 北勝力の谷川親方でした。
向正面の方_夏_14日目


【主な取組結果】十四日目
十四日目は勝てば38回目の優勝が決まる白鵬が照ノ富士との取組とほぼ大関昇進を手中に収めていると思われる高安と正代との取組を振り返ってみたい。


◆高安 - 正代
お互い立ち合いで胸から当たっていきました。

高安は突き放していきましたが、寄り切れずここで高安は少し引いてしまいました。

そこで正代の逆襲され、土俵際高安は必死の上手投げを打つも正代寄り倒しに軍配が上がった。

高安はこの時点で今場所の優勝はなくなりました。

これで高安は11勝3敗となりました。

ところで高安は場所後、大関昇進がほぼ決まっておりますが、四股名はどうするのか気になるゴールデンウルフです。

日馬富士は元々安馬という四股名でしたが、安い馬では相応しくないという理由で日馬富士と四股名を変えました。

高安はやはり安いという字を含んでいますが、実は高安は本名だったりします。

兄弟子である稀勢の里も以前は萩原という本名を四股名で使っていましたが稀勢の里に四股名を変えてます。。

高安も四股名を変えるなら大関昇進となるこのタイミングなのかなぁと思ってます。

四股名を変えるなら〇〇の里か〇の里だと思いますが、〇は何になるんだろう。。。


◆白鵬 - 照ノ富士
白鵬は立ち合いでもろ出し狙いで胸から当たっていきましたが、回しは取れず。

その後もお互いに回しは与えず、少し硬直状態となるも結局どちらも回しは取れませんでした。

しかし、最後は白鵬が照ノ富士をしっかりと腰を割って寄り切ました。

白鵬はこれで14日目で38回目の幕内最高優勝を決めました。



◆優勝の行方は?
白鵬が十四日目で一年振り38回目の幕内最高優勝を決めました。
優勝な人
明日千秋楽は日馬富士との横綱対決となるが、やはりここまで初日から14連勝しているので、全勝して欲しいと思ってしまいます。


◆新入幕の二人
阿武咲は荒鷲との一番でした。

阿武咲は頭から当たっていき直ぐにはたきました。

はたいた事により、荒鷲に回しを与えてしまいましたが、阿武咲も左下手を引きました。

左下手をつかんだまま寄っていったところ、荒鷲の足が土俵を割りました。

阿武咲はこれで二桁10勝4敗として明日の千秋楽は貴景勝との取組が組まれております。


豊山は蒼国来との一番でした。

豊山は立ち合いが少し遅れて蒼国来の当たりを受ける感じになりました。

四つになり豊山が寄っていったところ、蒼国来の足が出てしまい、寄り切って豊山の勝ちとなりました。

これで豊山は3勝11敗となり、明日の千秋楽は十両旭大星との取組が組まれています。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


お得なJR+宿プランはこちらから!

両国_画像_夏_14日目
5月場所千秋楽対戦


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


お歳暮・内祝い・お中元なら高級和牛のたわら屋

放送席の面々_夏_13日目
皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所は今日十四日目を迎えます。

この大相撲ブログを書き始めてから、より一層大相撲が楽しく観戦出来ているゴールデンウルフです。

ブログ更新は大変な時もありますが、今後も出来る限り更新を続けていきたいと思ってます。


【放送席の面々】十三日目
実況は白崎アナウンサー

正面解説は元大関 栃東の玉ノ井親方。

向正面解説は舞の海秀平さんでしたが、幕内の取組2時間で一度も画面に映らず、声だけの出演だった気がします。

国会中継などで放送時間が1時間の時はたまにある事ですが、普通に放送していて映らなかったのはこのブログを始めてから初の出来事です。


【主な取組結果】十三日目
十三日目は優勝争いを大きく左右する日馬富士と高安の一番とここまで12連勝している白鵬が結びで玉鷲との一番を振り返ってみたい。


◆日馬富士 - 高安
今日の高安は張り差しで直ぐに左四つに組みました。

しかし、日馬富士はすかさず下手投げで一度両者が離れました。

日馬富士はチャンスとばかりに押していきましたが、寄り切れず高安がはたき込み日馬富士を破りました。

勝った高安はこれで11勝2敗となり、十四日目は正代との取組が組まれてます。

一方、2敗と後退してしまった日馬富士は十四日目は豪栄道との取組が組まれています。


◆白鵬 - 玉鷲
白鵬は立ち合いが合わず、3回目の立ち合いとなりました。

白鵬は相当警戒していたのではないでしょうか。

張り差しで少し交わしました。

そして白鵬は右四つ組み止めてからは土俵際まで寄っていき最後は寄り倒しで13連勝としました。

十四日目、白鵬は38回目幕内最高優勝を賭けて照ノ富士との取組が組まれてます。


◆優勝の行方は?
十三日目を終えて白鵬が13連勝とし、星2つ差となりました。

十四日目、白鵬は照ノ富士との一番に勝てば38回目の幕内最高優勝が決まります。

[全勝]白鵬
[2敗]日馬富士 照ノ富士 高安


◆新入幕の二人
阿武咲は北勝富士との一番でした。

阿武咲は頭から当たっていきましたが、北勝富士に差されて土俵際まで押し込まれました。

土俵際でもつれながら両者が出てしまい、軍配は北勝富士に上がりましたが物言いがつきました。

協議の結果、取り直しとなりました。

取り直しの一番でも阿武咲は頭で当たっていき、左上手を一度取りましたが、外れてしまったところではたきました。

阿武咲は引き落としで勝ち、これで9勝4敗となりました。


豊山は松鳳山との一番でした。

松鳳山に張られて先手を取られた感じでした。

豊山は組まれた後は小手投げの様な中途半端な事をしてしまい、松鳳山に寄り倒されてしまいました。

豊山はこれで2勝11敗と幕内の壁に完全に跳ね返されてしまいました。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


全国の店舗で製作・調整・メンテナンス可能。オーダーメイド【マイまくら】

両国_画像_夏_1日目_9
5月場所14日目対戦


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皇室献上の「幻の黒毛和牛」をしゃぶしゃぶで

↑このページのトップヘ