2017年12月

勝手に番付予想_18初場所_結果
皆さん、おはようございます。

今年も残すところあと3日となりました。

皆さんにとって今年一年はどんな一年だったのでしょうか?

今年もまずまず良い年ではありましたが、よくお金を使った一年だったゴールデンウルフです。

2018年初場所の番付発表がありましたので、11月終わりににブログ公開しました【勝手に番付予想】の答え合わせを行います。

冒頭の画像は、いつも通りにゴールデンウルフが予想した番付に対して結果を色付けしました。

赤く塗った部分は間違えてしまった番付。

黄色く塗った部分は番付は正解していたが、東西が違っていた番付。

何も塗ってない部分は正解していた番付です。

また今場所の予想では引退してしまった横綱日馬富士は予想公開の後でしたので灰色とさせて頂いております。

また横綱も3人になってしまった事もあり、鶴竜を西横綱と予想しましたが、実際には東横綱ですが、これは正解とさせて頂きました。

さて、まず三役以上については、久々に全くの外しをしてしまいました。

先場所西小結で8勝7敗と勝ち越した阿武咲が関脇に上がると思って予想しておりましたが、前頭筆頭で11勝を上げていた玉鷲と貴景勝の方が番付が上になりました。

そして阿武咲は三役で勝ち越したにも関わらず番付が上がらないという状況になってしまいました。

これは全く予想出来ませんでした。

前頭筆頭から東前頭6枚目の宝富士まで11人正解していました!

若干驚きを隠せません。

初場所で十両に陥落する力士は貴ノ岩、碧山、大奄美、妙義龍、宇良の5人と予想しましたが、横綱日馬富士が引退した事で東前頭17枚目が発生しました。

これにより、大奄美が土俵際俵の上で残ったと言った感じで十両陥落を免れております。

新入幕、再入幕は蒼国来、阿炎、豊山、石浦、竜電の5人と予想しましたところ全て正解しておりました。

幕内の番付は42枠あります。

ただ、横綱日馬富士が引退となってしまったので、41枠での正解率とさせてください。

今回は前回より少ない23枠正解しておりました!

正解率は56%となっております。


【ブログランキングに登録してます】
ゴールデンウルフを応援してくれる方!
クリックをお願い致します!m(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2018年1月場所発表番付
皆さん、おはようございます。

昨日、2018年初場所の番付発表がありましたが、年賀状対応に追われてブログ更新が出来なかったゴールデンウルフです。

2018年初めの場所である初場所は、1月14日㈰に初日を迎えます。

やはり4横綱時代と言うのは中々長く続くこともなく、今回の4横綱も日馬富士が引退した事により幕を閉じました。

まあ、日馬富士の引退理由は皆さんご承知の通りですので、もう少し4横綱を見ていたかったと言うのが正直な感想です。

さて初場所の番付についてですが、東の正横綱は先場通算40回目の幕内最高優勝を果たした白鵬が返り咲きました。

正直驚いたのは関脇と小結の番付です。

なんと西の関脇には先場所、東前頭筆頭で11勝を上げました玉鷲が着いた事ですね。

また、西前頭筆頭で同じく11勝を上げた貴景勝が東小結となっています。

先場所西小結で8勝7敗と勝ち越した阿武咲ですが、番付が据え置きになってしまいました。

続いて、先場所二桁勝ち星をあげた力士の番付です。

先場所東前頭3枚目で11勝を上げた北勝富士が東前筆頭。

西前頭4枚目で10勝を上げた逸ノ城が西東前筆頭。

東前頭12枚目で11勝を上げた隠岐の海が東前5枚目に躍進しております。

今場所は新入幕が二人います。

錣山部屋の阿炎と高田川部屋の竜電が入幕を果たしております。

また、蒼国来、豊山、石浦の3人が再入幕を果たしている。


次回のブログでは勝手に番付予想について答え合わせを行いたいと思います。


【ブログランキングに登録してます】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ