2018年03月

3月場所_部屋別全力士数
全力士による部屋別勝率の公開と合わせまして部屋別の各段の力士数についても再集計しておりますので、公開致します。

尚、順位は部屋別勝率の順位を引き継いでおります。

※1表で公開した場合横に長い表となってしまい、表が見え難い事が否めない為、2表に分ける対応を行っております。

次回ブログではゴールデンウルフがいつも公開しています勝手に番付予想の春場所を公開いたしますので、もう暫くお時間を下さい!!


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


3月場所_全力士_部屋別勝率
皆さん、おはようございます。

毎場所終了後に公開しております横綱から序ノ口までの全ての力士による部屋別の勝率について纏まりましたので公開致します。

尚、算出については各部屋に所属する力士の成績を集計し勝率を算出し、勝率の高い部屋から順番に並べました。

休みについては、勝ちにも負けにもカウントせず、勝率を算出する取組数からも除いております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



皆さん、おはようございます。

昨日大相撲春場所も千秋楽を迎えて今場所も何とかブログ更新を完了出来て若干肩の荷が下りた気がしているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】千秋楽
実況は太田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。

実は今場所この北の富士さんと舞の海さんのゴールデンコンビは初めてでした。


【主な取組結果】千秋楽
もう優勝は決まってしまっておりますが、千秋楽の相撲からはこれより三役以降の3番を振り返ってみたいと思います。


◆逸ノ城 - 栃ノ心
立ち合いで直ぐにがっぷり四つに組みました。

差し手争いの末に逸ノ城は栃ノ心を吊りますが、そのまま土俵は割れず。

逆に栃ノ心はその後、逸ノ城の上手を切って寄っていきました。

栃ノ心が逸ノ城っを寄り切って10勝目を上げました。

これで栃ノ心は先場所平幕でしたが14勝、そして今場所は10勝と上げましたので、来場所は大関取りの場所になるのではないでしょうか!

期待したいと思います。


◆御嶽海 - 豪栄道
お互い低く当たっていきました。

豪栄道は上手を取って直ぐに上手投げにいくも決まらず、御嶽海を呼び込んでしまう事になりました。

御嶽海はここがチャンスとばかりに寄って、豪栄道も防戦するも最後は浴びせ倒しで御嶽海の勝ち!

御嶽海はこれで7勝8敗で今場所を終える事となり、何とか三役は守った様です。


◆鶴竜 - 高安
お立ち合い互い頭で当たっていきました。

終始高安が突っ張って鶴竜を攻め立てました。

鶴竜は土俵際で引き落とし高安がそれについていくも前に倒れてしまい軍配は鶴竜に上がりました。

しかし、勝ち名のりされる前にようやく物言いがつきました。

協議の結果、鶴竜の踵が出るのと高安の足の甲が返るのが同時と見て取り直しとなりました!


取り直しの一番は高安張って直ぐに上手を取りにいきました。

そのまま四つに組んで物凄い勢いで寄り切りました!

高安はこれで12勝3敗としました。

既に優勝を決めている鶴竜は13勝2敗での優勝となりました。


◆表彰力士
[幕内優勝]
鶴竜(4回目)  13勝2敗

(三賞受賞)
[殊勲賞]
栃ノ心(2回目) 10勝5敗

[敢闘賞]
魁聖(3回目)  12勝3敗

[技能賞]
遠藤(2回目)  9勝6敗


[十両優勝]
佐田の海(初)  11勝4敗



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

流石に十四日目で鶴竜の優勝が決まってしまいました。

しかし千秋楽には来場所の番付争いには非常に重要になってきますので、いつも以上に千秋楽は注目しているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は元小結普天王の稲川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の取組からは3敗で鶴竜を追っている大関高安と関脇御嶽海の取組と勝てばその時点で優勝の決まる横綱鶴竜と大関豪栄道の取組を振り返ってみたいと思います。


◆高安 - 御嶽海
高安はカチ上げていき、対する御嶽海はそれを上手く受けて押っ付けながらのど輪で押していきました。

そのまま土俵際まで高安を押し込みましたが、高安はくるりと一回転して土俵際を脱します。

御嶽海は積極的に攻めていくも最後は土俵際まで追い込まれた高安の突き落としに敗れてしまいました。

勝った高安は11勝3敗としました。

一方敗れた御嶽海は6勝8敗と久々の負け越しとなってしまいました。

また明日の取組に三役残留を掛ける事になります。


◆鶴竜 - 豪栄道
お互い頭で当たっていきました。

鶴竜は直ぐに引きながら、はたき込みました。

豪栄道が落ちるのを確認してから鶴竜も土俵下に落ちていきました。

相撲内容は良いものではありませんでしたが、十四日目で鶴竜がしっかりと優勝を決めました。


【優勝の行方は?】
十四日目で鶴竜が8場所ぶり4回目の幕内最高優勝を果たしました。

おめでとうございます!!

先場所は10連勝しながらも優勝を逃してしまった鶴竜でしたが、今場所こそ完全復活の優勝を飾る事が出来たのではないでしょうか。

優勝インタビューでは鶴竜自身でも『まあ、相撲はね。最悪でしたけどまあ勝つことが出来て本当に良かったです。』と言っていたのが印象的でした。

千秋楽では大関高安との取組が組まれているので良い相撲をとって頂きたいと思います。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

3月場所千秋楽対戦


【ゴールデンウルフはブログランキングに登録してます!】
私、ゴールデンウルフを応援してくれる方!クリックをお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

↑このページのトップヘ