皆さん、おはようございます。

秋場所の優勝は千秋楽までもつれました。

しかし、この秋場所は本当に星勘定が平たくなったなぁと感じるゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は元大関琴風の尾車親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の相撲からは優勝を占う豪栄道と日馬富士の取組を振り返ってみたい。


◆豪栄道 - 貴ノ岩
手つき不十分で2度行司に止められて3度目の立ち合いでした。

豪栄道は低く当たってまたも直ぐにはたきましたが、その後思い直したか前に出ていきました。

その後貴ノ岩にいなされて、はたかれて危ない場面がありました。

豪栄道は最後、渡し込んで出ていきました。

決り手は渡し込みで豪栄道の勝ち!

これで結びの日馬富士の結果を待つ事になりました。


◆日馬富士 - 御嶽海
日馬富士は頭でしっかり当たっていきました。

日馬富士は両上手を引き、それ程良い体勢ではないかと思いましたが、そのまま寄っていきました。

しっかりと寄り切って日馬富士の勝ち。

これで明日の結びの豪栄道との直接対決に優勝争いがもつれる事になりました。


◆優勝の行方は?
千秋楽に優勝の可能性があるのは横綱 日馬富士と大関 豪栄道に絞られました。

千秋楽は日馬富士と豪栄道の直接対決ですので、優勝力士の成績は12勝3敗か11勝4敗という事になります。

最近の優勝の中ではあまり高い成績ではない優勝となります。


[3敗]豪栄道
[4敗]日馬富士


豪栄道が優勝するには本割か優勝決定戦のどちらかで勝てば優勝。

一方日馬富士は本割で勝って、決定戦に持ち込んで決定戦でも勝たないと逆転優勝になりません。

成績的には豪栄道が有利ですが、精神的には日馬富士が有利と言ったところでしょう!

終盤戦の相撲を見ている限り、日馬富士の逆転優勝もあるのでは!?


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村