皆さん、おはようございます。

何と大相撲九州場所は十四日目に白鵬の優勝が決まってしまい、若干驚きを隠せないゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は太田アナウンサー

正面解説は元大関琴風の尾車親方。

向正面解説は元小結栃乃花の二十山親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の取組からは優勝に関わる3番を振り返ってみたいと思います。


◆玉鷲 - 隠岐の海
隠岐の海は思い切って当たっていきましたが、玉鷲はのど輪で突いていきました。

そのまま玉鷲は土俵際まで押し込んでから、一気にはたきました。

隠岐の海は土俵に転がされてしまいました。

隠岐の海は直ぐに立ち上がりませんでしたので、やられたという気持ちと優勝から遠のいた悔しさがあったのかも知れません。


◆阿武咲 - 北勝富士
立ち合いが一度合わず、2度目の立ち合いとなりました。

阿武咲の低い姿勢からの当たりもしっかり受け止めた北勝富士。

北勝富士はのど輪で押し込んでいきましたが、土俵際で阿武咲は北勝富士の腕をいなしていきました。

これで一気に形勢逆転!

阿武咲は北勝富士をしっかり突き出しました。

敗れた北勝富士はやられた~!という表情を浮かべました。

これで白鵬を1差で追っていた平幕の2人が相次いで敗れてしまった事で、白鵬が勝てば優勝が決まる事になりました。


◆白鵬 - 遠藤
白鵬は立ち合いで左手を出してからカチあげていきました。

このカチ上げで遠藤は腰砕けの様になってしまうも白鵬はしっかり押し出しました!

白鵬はこれで千秋楽を待たずに40回目の幕内最高を決めました。


【今日の安美錦】
十四日目の安美錦は勝ち越しを掛けて千代丸との一番でした。

千代丸はもろ手突きで安美錦は左に動く立ち合いになりました。

千代丸は突いて突いて出ました。

安美錦は回しに手が届きませんでした。

そのまま突き出されてしまい、終盤戦4連敗となってしまいました。

千秋楽は勝ち越しを掛けて千代翔馬との初顔の1番が組まれています。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村