部屋別_関取数_2018年1月場所番付集計
皆さん、おはようございます。

年末に忘年会が少なかった事もあり、年が明けて新年会が立て込んでいるゴールデンウルフです。

日馬富士が引退した事により3横綱となってしまいました。

その一方で鶴竜や稀勢の里も引退の危機と取り沙汰されている記事を見掛けます。

そういったマイナスの記事は土俵の相撲で吹き飛ばしてもらいたいものです。

さて、初場所における部屋別関取一覧の更新が完了しましたので公開致します。

1月場所の関取と言われます幕内力士と十両力士がどの部屋に何人居るのかという事で一覧にしております。

一覧で太字になっている力士は幕内力士、細字は十両力士を意味してます。

関取を最も多く抱えているのは追手風部屋の6人で単独トップの部屋になっております。

それに続くのが九重部屋と木瀬部屋の2部屋になりました。

木瀬部屋は5人が全て十両力士となっており、幕内力士は居ません。

相撲部屋は45部屋ありますが、十両以上の関取と言われる力士を抱える部屋は31部屋と先場所から1部屋増えております。


【ブログランキングに参加中です!】

人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村