カテゴリ: 基礎知識

白鵬土俵入り
皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

今日のブログは前回に引き続き、年寄名跡について書きたいと思います。

前回のブログでは部屋付き親方は部屋持ち親方から部屋を継承して部屋持ち親方になると書きました。

実は部屋を継承する場合でも条件があります。

その条件とは『幕内通算12場所以上』『幕内、十両通算20場所以上』です。

これならば、ある程度活躍した関取なら条件をクリア出来る条件になります。

実は年寄名跡を持たないで親方になる事が出来る人も居ます。

それは横綱と大関を務めた関取は現役名年寄になる事が出来ます。

但し横綱は5年間、大関は3年間と期間限定の救済措置であり、その期間中に年寄名跡を取得する必要があります。

この制度を使って親方になった人と言えば、第67代横綱 武蔵丸です。

引退後、武蔵丸親方として5年間務めた後、年寄振分、年寄大島を経て先代である武蔵川親方から年寄名跡を引き継ぎ現在は武蔵川親方として部屋を運営しています。

そして現役名年寄以外にもう一つ年寄名跡を持たなくても親方になれる制度があります。

それが一代年寄という制度になります。

この制度は名前の通り、一代だけの年寄であり、大相撲界に特に功績を残した横綱に与えられ、年寄名跡定数105にも関係しません。

また、一代年寄は現役時の四股名がそのまま年寄の名称になります。

今までにこの制度に該当した横綱はたった4人だけです。

時系列に並べると下記の通りとなります。

第48代横綱 大鵬(優勝回数32回)

第55代横綱 北の湖(優勝回数24回)

第58代横綱 千代の富士(優勝回数31回)

第65代横綱 貴乃花(優勝回数22回)

この制度の基準としては優勝回数20回以上というのが目安とされている様です。

ただ、千代の富士は一代年寄に承認されながらも断っているので千代の富士親方は誕生しませんでした。

現役力士でこの一代年寄に該当するのが第69代横綱白鵬です。

既に現時点で優勝回数37回を数えます。

現在の功績から考えると、白鵬は一代年寄に承認される事はほぼ間違いありません。

しかし、白鵬親方が誕生するかは今のところ分かりません。

その理由としては、親方となる為の条件に日本国籍を有する事というものがあります。

白鵬はこの条件を現在のところクリアしてないのです。

もし白鵬が日本国籍を取得しなかった場合、現在の規定では親方にはなれないので、角界を去る事になるかも知れません。


【ゴールデンウルフはランキング登録中です】
応援宜しくお願い致します。<m(_ _)m>

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


コーヒーマシンが無料!【ネスレ日本公式】

両国国技館
皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

今日のブログは久々に大相撲基礎知識について書いてみようと思います。

親方って関取になれば誰でもなれるのか?

その前に親方とはどう言う人の事を言うのでしょうか?

親方という呼び名は通称で、正式名称は年寄と言います。

そして年寄と呼ばれるには年寄名跡の取得が必要となります。

年寄名跡とは通称、年寄株なんて言い方もされます。

しかし、その年寄名跡を取得するには明確に決められた条件をクリアする必要があります。

その条件とは、『幕内を通算20場所以上』『幕内・十両を通算30場所以上』『三役を1場所以上』『横綱・大関を経験』といういずれかの実績。

実績とは全く関係なく、日本国籍を所有している事も必須の条件とされています。

また、取得の条件をクリアしていたとしても年寄名跡は定数が105と決まっており、空席が無ければ取得できません。

以前は取得に金銭的な問題もあって、複数の年寄名跡を持っている親方から名跡を借りて親方になるという事もありました。

現在では2004年の相撲協会が公益財団法人となるにあたり、年寄名跡は協会管理となった為、以前の売買や貸し借りはありません。

では年寄名跡を取得し親方となった場合には全員が自分の部屋を持つ事が出来るのでしょうか?

まず、自分自身で部屋を興すには『横綱若しくは大関』『三役通算25場所以上』『幕内通算60場所以上』のいずれかの条件を満たす必要があります。

この条件はよくよく見るとかなり厳しい条件ですね。

三役通算25場所以上とは小結と関脇で25場所在位するというのは相当ハードルが高いと思われます。

小結と関脇で通算とは言え、25場所もいる力士なら大関に上がっている可能性が高いですからね。

結局のところ、『横綱若しくは大関』か『幕内通算60場所以上』という10年以上幕内に居た実績が無ければ独立するなという事なのでしょう。

それでは、この条件に該当しない親方は自分の部屋を持つ事は出来ないのかというとそんな事はありません。

その様な親方は部屋を持っている親方から継承するという方法があります。

こちらの方法の方が一般的に感じます。

例えば、先日第58代横綱千代の富士が亡くなったのは記憶に新しいです。

そして千代の富士は九重親方として九重部屋を運営していました。

当時佐ノ山親方として九重部屋の部屋付き親方であった元大関 千代大海が部屋を継承する事になり、現在は千代大海が九重親方になっています。

年寄についてはもう少し書きたい事もあり、次回のブログでも続きを書いてみたいと思います。


【ゴールデンウルフはランキング登録中です】
応援宜しくお願い致します。<m(_ _)m>

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


コーヒーマシンが無料!【ネスレ日本公式】

皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

今日のブログでは仕切り制限時間について書いてみようと思います。

各取組前には仕切りを行う時間というものがあります。

力士は仕切り時間を通じて気持ちを高め、精神を集中します。

また、対戦する力士と呼吸を合わせ、立ち合いの準備を整えます。

この仕切りには制限時間があり、幕内では4分以内、十両では3分以内、幕下以下では2分以内と決まっています。

勿論、両力士共に立ち合いの準備が整った場合には時間前に立ち合っても構いませんが、ここ最近時間前に立ち合ったという取組は余り見掛けませんね。

殆ど制限時間一杯まで時間を使ってから立ち合いますね。

ではどうやって制限時間を計っているのでしょうか。実は時間係の審判が計測し、制限時間が近づくと審判は行司と土俵下の呼出に合図を送ります。

そして行司や呼出が力士に知らせます。

見ている人はいつが制限時間だと判断すれば良いのでしょうか?

実は簡単な事で、呼出は時間になると力士にタオルを渡します。力士はタオルで汗を拭ってから立ち合いに向かいます。

行司は時間制限になると『時間です』と言っている様ですが、聞き取れない事が多いです。

行司は時間になると軍配を返すとよく言われますが、時間前の行司は左足を前に出して画面で見ると横を向いています。
大相撲_時間前
そして時間制限になると行司は正面を向き軍配もよく見える様になります。これが軍配が返った状態になります。
大相撲_時間一杯
『待ったなし』という声はよく聞こえます。

(次回ブログ更新予定)
9月9日午前中に更新を予定しています。


皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

今日のブログでは大相撲独特のシステムである部屋制度について書いてみようと思います。

部屋とは相撲部屋の事です。

力士は必ずどこかの部屋に所属していないと本場所に出ることは出来ません。

力士だけでなく、行司、呼出、床山、若者頭、世話人などもどこかの部屋に所属しています。

2016年8月現在のところ44部屋が存在します。

また部屋には本家となる相撲部屋があり、その本家から独立した部屋は一門というグループで繋がっています。

現在一門としては出羽海一門、二所ノ関一門、時津風一門、伊勢ヶ濱一門、高砂一門、貴乃花一門の全部で6つあります。

例えば、横綱土俵入りでは太刀持ちと露払いを従えて行いますが、この太刀持ちと露払いは関取でなくてはならず、同部屋に関取がいなければ同じ一門の関取が務めます。

それと本場所では同部屋の力士による取組は決定戦以外はありません。

週末から始まる9月場所の番付で小結以上を見てみる事にしましょう。

横綱 日馬富士、大関 照ノ富士、関脇 宝富士は皆同じ伊勢ヶ濱部屋なので対戦はありません。

また、大関 稀勢の里と関脇 高安も同じ田子ノ浦部屋なので対戦はありません。

私の記憶に残っている同部屋対決と言えば、平成7年11月場所の若乃花-貴乃花の同部屋兄弟対決。

後は、平成元年7月場所の千代の富士-北勝海の同部屋横綱決戦ですね。
大相撲同部屋対決①
元横綱千代の富士は今年7月にすい臓がんで他界してしまい、多くの人が肩を落した事でしょう。

私も正直なところ、訃報を聞いて涙してしまいました。ご冥福をお祈りいたします。
大相撲同部屋対決②


皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

今日のテーマは勝ち越すだけではなれない『横綱』『大関』の地位について書いてみたいと思います。

昨日のブログでは大相撲の世界は実力の世界と書きました。

だから勝ち越しせば番付は上がっていきます。

しかし、勝ち越すだけでは上がらない番付が2つあります。

それが『横綱』と『大関』という地位になります。

まず『大関』になるには『3場所連続で三役(関脇または小結)の地位にあり、その通算勝ち星が33勝以上』という目安があります。

3場所連続で三役ですので、基本的には三役に上がるにも勝ち越しが必要ですので、4場所連続で勝ち越さないと『大関』になれる可能性は極めて低いです。

勝ち星の33勝は必ず必要かというと32勝でも大関に上がったケースは多々あります。

例えば、12勝、12勝、8勝で32勝だと昇進が見送られる可能性は高く、8勝、12勝、12勝なら内容次第では昇進する可能性はあると思います。

では『横綱』になるには『大関の地位で2場所連続優勝、またはそれに準ずる成績を上げた力士(横綱審議委員会内規)』と規定があります。

優勝に準ずる成績とはつまり準優勝を意味してます。

この9月場所に綱取りを目指している大関稀勢の里ですが、成績を言えば、3月場所は13勝2敗で優勝した横綱白鵬の14勝1敗に次ぐ準優勝。

続く5月場所も13勝2敗でしたが、全勝優勝した横綱白鵬とは星2つ差の準優勝。

そして先場所は12勝3敗で、これまた13勝2敗で優勝した横綱日馬富士に次ぐ準優勝。

稀勢の里はここ3場所優勝に準ずる成績を上げてますが、やはり優勝が無いので横綱昇進を果たせてません。

大相撲の1ファンとしては、9月11日に初日を迎える9月場所で、稀勢の里の初優勝!そして横綱昇進を手中に収めてもらいたいものです。

(次回ブログ更新予定)
9月6日午前中に更新を予定しています。

↑このページのトップヘ