カテゴリ: 九州場所

皆さん、おはようございます。

昨日で大相撲九州場所が終わってしまいました。

昨年9月から始めたこのブログですが、今年一年90日間全てにブログを書くことが出来ました。

これもこのブログを訪れて頂ける方いるからと感謝しているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】千秋楽
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さん。

今年の最終日もやはりいつもの顔ぶれでした。


【主な取組結果】千秋楽
十四日目で既に幕内最高優勝は決まってしまってますので、千秋楽に勝ち越しを掛けている阿武咲の取組と結びの白鵬の1番を振り返ってみたいと思います。


◆阿武咲 - 宝富士
阿武咲は頭で当たってそのまま一気に出ていきました。

そのまま押し出して阿武咲の勝ち!

これで終盤戦4連勝として8勝7敗と勝ち越しました。


◆白鵬 - 豪栄道
白鵬は立ち合いで左手を出して直ぐに左上手を取りました。

下手は下がりをつかんでいた白鵬は差し手争いでもしっかり前まわしを引きました。

豪栄道が少し強引な下手投げにいくも白鵬の上手投げの方が勝りました。

白鵬が上手投げで自らの優勝に花を添えました。


◆表彰力士
[幕内優勝]
白鵬(40回目) 14勝1敗

(三賞受賞)
[殊勲賞]
貴景勝(2回目) 11勝4敗

[敢闘賞]
隠岐の海(3回目)11勝4敗
安美錦(2回目)   8勝7敗

[技能賞]
北勝富士(初)    11勝4敗

[十両優勝]
蒼国来(初)          14勝1敗


【今日の安美錦】
千秋楽の安美錦は勝ち越しを掛けて千代翔馬との一番でした。

安美錦は直ぐに右上手を引きました。

少し下がりながらも回り込んでの上手出し投げで安美錦の勝ち!

勝った後、『よし!』と言う言葉が画面越しでも分かりました。

終盤戦4連敗と苦しみながらも千秋楽で勝ち越しに加えて敢闘賞も獲得となりました!

これで来年も安美錦の相撲が幕内で見られるというのは嬉しい事です。




来年に向けて12月26日(火)に1月場所の番付発表があります。

そして1月場所は1月14日(日)が初日となっています。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

何と大相撲九州場所は十四日目に白鵬の優勝が決まってしまい、若干驚きを隠せないゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は太田アナウンサー

正面解説は元大関琴風の尾車親方。

向正面解説は元小結栃乃花の二十山親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の取組からは優勝に関わる3番を振り返ってみたいと思います。


◆玉鷲 - 隠岐の海
隠岐の海は思い切って当たっていきましたが、玉鷲はのど輪で突いていきました。

そのまま玉鷲は土俵際まで押し込んでから、一気にはたきました。

隠岐の海は土俵に転がされてしまいました。

隠岐の海は直ぐに立ち上がりませんでしたので、やられたという気持ちと優勝から遠のいた悔しさがあったのかも知れません。


◆阿武咲 - 北勝富士
立ち合いが一度合わず、2度目の立ち合いとなりました。

阿武咲の低い姿勢からの当たりもしっかり受け止めた北勝富士。

北勝富士はのど輪で押し込んでいきましたが、土俵際で阿武咲は北勝富士の腕をいなしていきました。

これで一気に形勢逆転!

阿武咲は北勝富士をしっかり突き出しました。

敗れた北勝富士はやられた~!という表情を浮かべました。

これで白鵬を1差で追っていた平幕の2人が相次いで敗れてしまった事で、白鵬が勝てば優勝が決まる事になりました。


◆白鵬 - 遠藤
白鵬は立ち合いで左手を出してからカチあげていきました。

このカチ上げで遠藤は腰砕けの様になってしまうも白鵬はしっかり押し出しました!

白鵬はこれで千秋楽を待たずに40回目の幕内最高を決めました。


【今日の安美錦】
十四日目の安美錦は勝ち越しを掛けて千代丸との一番でした。

千代丸はもろ手突きで安美錦は左に動く立ち合いになりました。

千代丸は突いて突いて出ました。

安美錦は回しに手が届きませんでした。

そのまま突き出されてしまい、終盤戦4連敗となってしまいました。

千秋楽は勝ち越しを掛けて千代翔馬との初顔の1番が組まれています。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


11月場所千秋楽対戦



【ブログランキングに参加中です!】

人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

暮れも押し迫ってきて翌日がお休みの場合にはブログ更新が朝になってしまっているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十三日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

北の富士さんは明日の千秋楽も正面解説の様です。

向正面解説は元小結垣添の雷親方でした。


【主な取組結果】十三日目
十三日目の取組からは嘉風、北勝富士との一番と横綱白鵬、宝富士の取組を振り返ってみたいと思います。


◆嘉風 - 北勝富士
立ち合いは嘉風の方が頭も低く当たり踏み込んでいきました。

その後、嘉風は少しはたいた事で北勝富士が突いて出てきました。

嘉風も組みにいくも最後は北勝富士が両回しを引いて寄り切りました。

解説の北の富士さんが寄り切った時に『よし!』という声を発していたのが印象的でした。

勝った北勝富士はこれで11勝2敗としました。

一方敗れた嘉風は6勝7敗と厳しい星勘定になっています。


◆白鵬 - 宝富士
白鵬は張ってカチあげていきました。

白鵬が出ていくも宝富士がかわして土俵際の白鵬を押し出そうとするも白鵬はくるりと向き直り何とか耐えました。

その後、宝富士は上手を取って上手出し投げで白鵬の体制を崩すもここでも押し出せず。

最後は白鵬がはたいて宝富士が手を着いてしまいました。

勝った白鵬も流石に苦笑いを浮かべていました。

白鵬はこれで12勝1敗としております。


【今日の安美錦】
十三日目の安美錦は勝ち越しを掛けて勢との一番でした。

安美錦は張って懐に入っていきました。

しかし勢にすくわれてそのまま寄り切られてしまいました。

安美錦は終盤戦に来て3連敗となってしまい7勝6敗となりました。

十四日目は勝ち越しを掛けて千代丸との1番が組まれています。


【優勝の行方は?】
十三日目を終えて白鵬が1敗で単独トップは変わらず。

八角部屋の二人も2敗を守っています。

[1敗]白鵬
[2敗]北勝富士 隠岐の海

十四日目で仮に2敗の二人が敗れて、白鵬が勝った場合のみ優勝が決まります。

千秋楽の取組は番付から白鵬と豪栄道の取組が普通ですが、是非隠岐の海との直接対決を組んでもらいたいと思ってしまいます。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


11月場所14日目対戦




【ブログランキングに参加中です!】

人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ