タグ:北の富士

皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所が終わってしまいました。

しかし来場所は大関栃ノ心が誕生して新たな見どころが満載となるので非常に楽しみに感じているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】千秋楽
実況は吉田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。


【主な取組結果】千秋楽
千秋楽からは優勝争いに関連する終わり2番の取組を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 勢
栃ノ心は一度突き放してから左上手を引きました。

そして土俵際力を込めて勢を寄り切りました。

栃ノ心は13勝2敗として結びの一番の結果を待ちます。


◆鶴竜 - 白鵬
鶴竜は立ち合いで直ぐに左上手を引いて頭を付けました。

そして下手も引いてから一気に出ていきました。

土俵際まで押し込むも白鵬も簡単に寄り切られませんでした。

白鵬は一度土俵中央辺りまで戻すも体制は鶴竜の有利な体勢を崩す事は出来ませんでした。

再び鶴竜は寄っていき、粘る白鵬を寄り切りました。

鶴竜はこれで2場所連続の幕内最高優勝を決めました。


◆表彰力士
[幕内優勝]
鶴竜(5回目)     14勝1敗

(三賞受賞)
[殊勲賞]
松鳳山(初)     8勝7敗

[敢闘賞]
栃ノ心(6回目) 13勝2敗
千代の国(初)   12勝3敗
旭大星(初)    10勝5敗


[技能賞]
栃ノ心(3回目) 13勝2敗


[十両優勝]
阿武咲(初)    12勝3敗


【二桁力士を探せ!】
今場所のこのコーナーですが、ちょっと凄い事が起きました。


◆貴景勝
貴景勝は立ち合いから佐田の海を突いていき、直ぐに引きました。

正直あまり良い引きではありませんでしたが、なんとかはたき込みが決まって貴景勝の勝ち!!

貴景勝は何と何と中日から8連勝とし、これで10勝5敗で二桁を達成してしまいました。




【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

気か付けば大相撲夏場所ももう終盤戦に入ります。

新大関誕生は確定的と考えるゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十日目
実況は戸部アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は元小結垣添の雷親方でした。


【主な取組結果】十日目
十日目からは栃ノ心の取組だけを振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 千代大龍
栃ノ心は思い切って当たっていきました。

四つに組んでから寄っていきました。

これで栃ノ心は10連勝となり、大関昇進の二桁は達成しました。


【二桁力士を探せ!】
十日目を終えて二人とも土俵際で耐えてます。


◆貴景勝
貴景勝は栃煌山との一番でした。

貴景勝は思い切って当たってからタイミング良くはたいて貴景勝が5勝目を上げております。


◆佐田の海
佐田の海は荒鷲の猛攻をしのいで土俵際で体を入れ替えて寄り切りました。

これで佐田の海は5勝5敗と星を五分に戻しております。


【優勝の行方は?】
十日目を終えて大関昇進を目指す栃ノ心が全勝をキープしております。

それを両横綱が追う展開になっております。


[全勝]栃ノ心
[1敗]鶴竜 白鵬
[2敗]千代の国


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所が始まって1週間が経ち、楽しく過ごしているも少し疲れを感じているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】中日
実況は太田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は元小結豊真将の立田川親方でした。


【主な取組結果】中日
中日からは栃ノ心と逸ノ城の関脇同士の取組と白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 逸ノ城
予想通りに立ち合いでお互いがっぷりと四つに組みました。

逸ノ城は先に攻めたいと言っていた通り、一度栃ノ心を吊るも決まらず。

その後、栃ノ心は一度下手投げを打ってから巻きかえました。

もろ出しの体制で栃ノ心は寄っていきました。

土俵際で残す逸ノ城を何とか寄り切りました。

栃ノ心はこれで中日勝ち越し。勝ち越し一番乗りとなっております。


◆白鵬 - 豊山
白鵬は当然突いてくる豊山に合わせて突いて出ました。

白鵬が突いて出ると豊山は後ろに下がります。

そんな中、白鵬は一度引いたところで豊山が出てきたところ白鵬が二本差しの体制となり、寄っていきました。

決り手は白鵬の寄り倒しで7勝1敗としております。


【二桁力士を探せ!】
中日で二桁どころかまだ勝ち越しもちょっと遠い展開になってきてしまいました。


◆貴景勝
貴景勝は嘉風との一番でした。

立ち合いでは頭と頭で当たっていき、そこからは突き押しの攻防でした。

貴景勝あ張り手も交えて押し切りました。

これで貴景勝は3勝5敗としております。


◆佐田の海
佐田の海は攻め込んでいくも最後に足が滑ってしまい、浴びせ倒しで豪風の勝ちとなりました。

攻めていっての黒星とは非常に残念ですが、これで佐田の海は4勝4敗となってしまいました。

中日を終えて4敗は正直二桁は厳しそうですねぇ。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

夏場所は三日目を終えて3連勝としている力士は8人居ますが、その中に2横綱2関脇が入っているので今場所は盛り上がるのではないかと考えているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】三日目
実況は沢田石アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さんが今場所2回目の登場でした。

向正面解説は元小結琴稲妻の粂川親方でした。


【主な取組結果】三日目
三日目取組からは豪栄道と遠藤の取組と白鵬と松鳳山との取組を振り返ってみたいと思います。


◆豪栄道 - 遠藤
お互い頭で低く当たっていきました。

そして直ぐに引くようなはたく様な仕草を見せたのは豪栄道でした。

しかし遠藤は前に落ちる事なくしっかり着いていきました。

終始遠藤の方が攻めていました。

最後は遠藤の肩透かしで豪栄道が前に倒れてしまいました。

今場所関脇以上で最初に土が付いたのは豪栄道でした。

勝った遠藤は2勝1敗としております。


◆白鵬 - 松鳳山
白鵬は思い切って踏み込んでいきました。

白鵬が左前回しを取りにいったところで松鳳山は既に土俵を割ってしまいました。

白鵬が勝って3連勝としております。


【二桁力士を探せ!】
さて、三日目のこのコーナーですが、早くも黄色信号が灯りつつある感じが否めませんが・・・


◆貴景勝
三日目の貴景勝は大奄美との取組でしたが、貴景勝は前に出る相撲を取りましたが、右足が仕切り線で滑ってしまった様ではたき込みで敗れてしまいました。

貴景勝はこれで1勝2敗と黒星先行となってしまいました。

やはり休場明けで二桁っていうのは厳しいのかなぁと思ってしまいます。


◆佐田の海
佐田の海は三日目い石浦との取組でしたが、石浦にタイミング良く引き落とされてバッタリと手を着いてしまいました。

これで佐田の海は2勝1敗となっております。

四日目は3連勝の朝乃山との取組が組まれており、注目したいです。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日から大相撲夏場所が初日を迎えました。

初日という事もあり、今場所はじっくりと見させて頂きましたゴールデンウルフです。


【放送席の面々】初日
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さん。

先場所の初日は舞の海さんが居ませんでしたが、今場所はいつも通りの初日の面々でした。


【主な取組結果】初日
田子の浦部屋の稀勢の里と高安が休場との事で、今場所は鶴竜、白鵬の2横綱と豪栄道の1大関で初日を迎えております。

そんな初日からは普通に横綱・大関の取組を振り返ってみたいと思います。


◆豪栄道 - 魁聖
立ち合い豪栄道は低く思い切って当たっていきました。

そして直ぐに左前回しを取り、魁聖が出てくるところに出し投げで体制を崩して寄っていきました。

豪栄道が魁聖に寄り切りで勝って白星発進となりました。


◆白鵬 - 玉鷲
休場明けの白鵬は張り差しを選択しました。

しかし回しは取れず、玉鷲はのど輪で突き離していきました。

途中完全に離れた状態で見合いました。

白鵬は土俵際の玉鷲をよく見て押し出しました。

休場明けの白鵬も初日白星スタートとなりました。


◆鶴竜 - 遠藤
初日注目していた取組ですが、鶴竜、遠藤共に低く頭で当たっていきました。

鶴竜は回しを取ろうとするも取れず、遠藤は突っ張りで応酬するも最後は鶴竜が遠藤の首根っこを掴んでのはたき込みが決まりました。

決り手は引き落としで遠藤を破って鶴竜が白星スタートしております。


【二桁力士を探せ!】
さて、今場所で3場所目を迎えるこのコーナーですが、今場所はしっかりと初日の相撲をみさせて頂きました。

その中で調子が良いなぁと思った平幕力士は4人居ました。

嘉風、貴景勝、隠岐の海、佐田の海の4人がゴールデンウルフ的に良い相撲を取っている様に見えました。

そして二桁勝てそうな力士を2人に絞りました。


◆貴景勝
まず1人目は貴景勝を上げたいと思います。

先場所は途中休場で西前頭3枚目から西前頭10枚目まで番付を下げましたが、初日の北勝富士との取組を見る限り一気に番付を駆け上がっていった時の粘りのある相撲に見えました。


◆佐田の海
2人目は先場所十両優勝をして再入幕を果たした佐田の海を上げます。

初日は碧山との取組でしたが、碧山の突っ張りにもめげずに前に出ていき、そのまま寄り切りました。


明日以降もこの二人の相撲を追っていきたいと思います。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ