タグ:北勝力

皆さん、おはようございます。

なんとなんと大相撲夏場所の優勝争いは目まぐるしく状況が変わっていきます。

さて今日の千秋楽はワクワクしながら観戦したいと思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は大坂アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の取組からは単独トップの栃ノ心と正代の取組を振り返ってみたいと思います。


◆鶴竜 - 栃ノ心
立ち合いは栃ノ心の方が良かった様に見えました。

その後、鶴竜はもろ出しの体制となった事で栃ノ心の腰が高くなってしまいました。

しかし栃ノ心は両上手の体制でそのまま強引に寄っていくも寄り切れず。

最後は栃ノ心の捨て身の上手投げも決まらず、鶴竜のすくい投げで優勝争い単独トップは鶴竜に変わりました。

負けた栃ノ心が土俵を叩いて悔しがっていたのが印象的でした。


◆白鵬 - 逸ノ城
結び前の結果で鶴竜に自力優勝の可能性が出てきた白鵬は逸ノ城との取組でした。

立ち合いで白鵬は左上手が取れた様に見えましたが、届いていただけで取れていなかった様です。

逸ノ城は左上手をしっかり引き、白鵬を半身の体制にしてからの上手投げで白鵬はあっさり手を着いてしまいました。

白鵬は自力優勝の可能性が復活してきた時は異常なくらい強かったイメージがありました。

しかしここのところ、白鵬は少し弱くなってしまったのかなぁと思ってしまいます。


【二桁力士を探せ!】
今場所このコーナーが千秋楽まであると言う事が奇跡的に感じています。


◆貴景勝
貴景勝は妙義龍との取組でしたが、よく見ながら突いていきました。

貴景勝が押し倒してなんと貴景勝が中日から7連勝とし、これで9勝5敗としております。

千秋楽ではこのコーナーで追っていたもう一人の佐田の海との取組が組まれています。



【優勝の行方は?】
十四日目を終えてなんと鶴竜が単独トップになっております。

もう千秋楽だけですので優勝争いは鶴竜と栃ノ心に絞られました。


[1敗]鶴竜
[2敗]栃ノ心


結び前で栃ノ心は勢との取組が組まれていますので、まずこの取組で勝つ事が逆転優勝の最低条件となっています。

鶴竜は白鵬との結びの一番で勝つ事で2場所連続優勝が決まる事になります。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

ここのところ本業がとても忙しいのですが、その分大相撲中継も今場所は短いので、頑張ってブログを更新しなさいと言われている気がするゴールデンウルフです。


【放送席の面々】二日目
実況は厚井アナウンサー

正面解説は元大関琴欧洲の鳴戸親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】二日目
二日目からは栃ノ心と玉鷲の一番を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 玉鷲
両者共に思い切って当たっていきました。

立ち合いはより低く当たっていった玉鷲の方が良かった様に見えました。

玉鷲は下から突きあげる様な押っ付ける様な形で押していき、思い切ってはたき込みました。

決り手ははたき込みで玉鷲が2連勝としております。



【二桁力士を探せ!】
ゴールデンウルフが初日の相撲を見て今場所二桁勝てそうな平幕力士を当てるコーナーです。

今場所は玉鷲と竜電と予想しております。


◆竜電
竜電の二日目は大栄翔との取組でしたが、大栄翔の突き離しで中に入れて貰えず、何とか上手を引いた時には土俵際でした。

そのまま押し出されてしまいました。

これで二日目を終えて1勝1敗としております。


◆玉鷲
玉鷲の取組は主な取組結果でお伝えしましたが、栃ノ心をはたき込みで破ってこれで2連勝としております。

三日目は結びで横綱鶴竜との取組が組まれております。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日は十四日目で平幕の栃ノ心が初優勝を決めました!!!

いつも正攻法な相撲を取る栃ノ心は非常に好感の持てる力士ですので、次は大関の地位を目指して頑張ってもらいたいと思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は大坂アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目からはこの一番だけ振り返れば良いと考えます。

勿論、勝てば平幕優勝が決まる栃ノ心の取組について振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 松鳳山
立ち合いから松鳳山が小刻みに突っ張ってきました。

栃ノ心も突き返していきました。

松鳳山がいなして栃ノ心の横に付こうとしましたが、栃ノ心が素早く振り返って組みました。

そしてそのまま栃ノ心は松鳳山を寄り切りました!!!

これで栃ノ心が初優勝を決めました。


【二桁力士を探せ!】
今場所から新たな試みとして始めたこのコーナー。

初日の相撲を見た時点で10勝以上しそうな2力士を選んて毎日追っています。


◆遠藤
遠藤は輝との取組でした。

輝が思い切って当たっていきました。

遠藤は防戦一方かと思った瞬間、輝の右足が仕切り線で滑りました。

決り手は引き落としで遠藤の勝ちとなりました。

遠藤はこれで9勝5敗とし明日に二桁をかけますが、明日は何と幕内最高優勝を決めた栃ノ心との取組です。

遠藤には勝って二桁を達成して欲しいところですが、栃ノ心にも初優勝に花を添えてもらいたい感じもあり、どちらにも勝ってほしい一番になります。

まあでも平幕での幕内最高優勝を十四日目で決めてしまった栃ノ心と千秋楽に二桁勝利を掛ける遠藤だと遠藤有利かも!?


◆竜電
竜電は魁聖との取組でした。

竜電は思い切って当たっていきました。

そして見事に差し勝ちもろ出しの体制を作りました。

しかし魁聖も粘り、最後は竜電の下手投げに対して魁聖も小手投げで対抗してきました。

先に魁聖の右腕が着きました。

竜電が下手投げで勝ってこれで二桁勝利達成です!!!

折角ですので明日も勝って11勝に乗せて三賞獲得を目指してもらいたいものです。


【優勝の行方は?】
栃ノ心が十四日目で平幕での初優勝を決めました。

ゴールデンウルフの栃ノ心のイメージは正攻法の四つ相撲を取る好きなタイプの力士ですが、どうしても上位陣に弱いという感じでした。

しかし今場所の栃ノ心は強かったというしか言葉がありません。

今場所は前頭3枚目の地位で優勝ですので、来場所は恐らく関脇の地位を獲得するのではないでしょうか。

来場所・再来場所と二桁勝ち星を上げれば大関と言う地位も見えるのではないでしょうか!


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日、会社からの帰路で保土ヶ谷駅での人身事故の為、運転見合わせにより自宅まで3時間以上を要してしまったゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十一日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は元大関琴欧州の鳴戸親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十一日目
十一日目の取組からはカド番脱出の勝ち越しを掛けた高安と10連勝中の白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆高安 - 逸ノ城
高安は胸で当たっていきました。

立ち合いの当たりで逸ノ城は後ろに下がってしまい、高安は直ぐに突いて出ました。

押し出しで高安の勝ち!

これで高安は勝ち越しを決め、カド番を脱出しました。

この逸ノ城との取組は怪我をする前の良い相撲が戻ってきた様に見えました。


◆白鵬 - 嘉風
白鵬は張って出ていました。

嘉風は直ぐに懐に入り、もろ出しとなったところで白鵬が力を抜いてしまいました。

そのまま嘉風が寄り切って嘉風の勝ち。

敗れた白鵬は土俵下で手を上げ物言いじゃないかと訴えるも認められず。

白鵬からすると嘉風の立ち合いが若干遅れたので『待った』ではないかと言うと事でした。

ただ、行司から待ったの声が無いのであればそのまま取り続けるべきではないかと思ってしまった。

録画で見ても嘉風はしっかり手を着いて立ち合っていて、白鵬も立っている。

白鵬としては立ち合い遅れた力士に勝っても後味が悪いと言う様な心境があったのではないかと推測してしまう。

いずれにしてもこれで白鵬は今場所初の黒星を喫してしまい10勝1敗としました。


【今日の安美錦】
十一日目の安美錦は正代との一番でした。

安美錦は肩から当たってきました。

正代には力強く出られて土俵際まで追い込まれてしまいました。

安美錦は上手をとって回り込んでの上手投げを打つも決まらず、最後は正代に引き落とされてしまいました。

これで7勝4敗となってしまい、勝ち越しはおあずけとなってしまいました。


【優勝の行方は?】
十一日目に横綱白鵬が敗れたことでようやく3敗の力士にも可能性が出てきました。

[1敗]白鵬
[2敗]北勝富士 隠岐の海
[3敗]高安 玉鷲 遠藤

優勝の行方は八角部屋の二人がカギを握る展開に変わっております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

秋場所の優勝は千秋楽までもつれました。

しかし、この秋場所は本当に星勘定が平たくなったなぁと感じるゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は元大関琴風の尾車親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の相撲からは優勝を占う豪栄道と日馬富士の取組を振り返ってみたい。


◆豪栄道 - 貴ノ岩
手つき不十分で2度行司に止められて3度目の立ち合いでした。

豪栄道は低く当たってまたも直ぐにはたきましたが、その後思い直したか前に出ていきました。

その後貴ノ岩にいなされて、はたかれて危ない場面がありました。

豪栄道は最後、渡し込んで出ていきました。

決り手は渡し込みで豪栄道の勝ち!

これで結びの日馬富士の結果を待つ事になりました。


◆日馬富士 - 御嶽海
日馬富士は頭でしっかり当たっていきました。

日馬富士は両上手を引き、それ程良い体勢ではないかと思いましたが、そのまま寄っていきました。

しっかりと寄り切って日馬富士の勝ち。

これで明日の結びの豪栄道との直接対決に優勝争いがもつれる事になりました。


◆優勝の行方は?
千秋楽に優勝の可能性があるのは横綱 日馬富士と大関 豪栄道に絞られました。

千秋楽は日馬富士と豪栄道の直接対決ですので、優勝力士の成績は12勝3敗か11勝4敗という事になります。

最近の優勝の中ではあまり高い成績ではない優勝となります。


[3敗]豪栄道
[4敗]日馬富士


豪栄道が優勝するには本割か優勝決定戦のどちらかで勝てば優勝。

一方日馬富士は本割で勝って、決定戦に持ち込んで決定戦でも勝たないと逆転優勝になりません。

成績的には豪栄道が有利ですが、精神的には日馬富士が有利と言ったところでしょう!

終盤戦の相撲を見ている限り、日馬富士の逆転優勝もあるのでは!?


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ