タグ:北勝富士

皆さん、おはようございます。

暮れも押し迫ってきて翌日がお休みの場合にはブログ更新が朝になってしまっているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十三日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

北の富士さんは明日の千秋楽も正面解説の様です。

向正面解説は元小結垣添の雷親方でした。


【主な取組結果】十三日目
十三日目の取組からは嘉風、北勝富士との一番と横綱白鵬、宝富士の取組を振り返ってみたいと思います。


◆嘉風 - 北勝富士
立ち合いは嘉風の方が頭も低く当たり踏み込んでいきました。

その後、嘉風は少しはたいた事で北勝富士が突いて出てきました。

嘉風も組みにいくも最後は北勝富士が両回しを引いて寄り切りました。

解説の北の富士さんが寄り切った時に『よし!』という声を発していたのが印象的でした。

勝った北勝富士はこれで11勝2敗としました。

一方敗れた嘉風は6勝7敗と厳しい星勘定になっています。


◆白鵬 - 宝富士
白鵬は張ってカチあげていきました。

白鵬が出ていくも宝富士がかわして土俵際の白鵬を押し出そうとするも白鵬はくるりと向き直り何とか耐えました。

その後、宝富士は上手を取って上手出し投げで白鵬の体制を崩すもここでも押し出せず。

最後は白鵬がはたいて宝富士が手を着いてしまいました。

勝った白鵬も流石に苦笑いを浮かべていました。

白鵬はこれで12勝1敗としております。


【今日の安美錦】
十三日目の安美錦は勝ち越しを掛けて勢との一番でした。

安美錦は張って懐に入っていきました。

しかし勢にすくわれてそのまま寄り切られてしまいました。

安美錦は終盤戦に来て3連敗となってしまい7勝6敗となりました。

十四日目は勝ち越しを掛けて千代丸との1番が組まれています。


【優勝の行方は?】
十三日目を終えて白鵬が1敗で単独トップは変わらず。

八角部屋の二人も2敗を守っています。

[1敗]白鵬
[2敗]北勝富士 隠岐の海

十四日目で仮に2敗の二人が敗れて、白鵬が勝った場合のみ優勝が決まります。

千秋楽の取組は番付から白鵬と豪栄道の取組が普通ですが、是非隠岐の海との直接対決を組んでもらいたいと思ってしまいます。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

昨日は勤労感謝の日で会社もお休みでしたが、何故か土曜日の感覚がありました。

でも今日金曜日だけ行けば、また週末なので何か得した気分を味わっているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十二日目
実況は船岡アナウンサー

正面解説は舞の海秀平さん。

向正面解説は元関脇益荒雄の阿武松親方でした。


【主な取組結果】十二日目
十二日目の取組からは勝ち越しを決めた高安と北勝富士との一番と横綱白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆高安 - 北勝富士
高安は胸で当たっていくも北勝富士の頭は上がりませんでした。

北勝富士はその後も突いて出ていきました。

高安は少し引いてしまい、土俵際まで追い込まれ、北勝富士は追い込んでからすかさず引きました。

北勝富士が引き落としで勝って2敗を守り10勝2敗としました。

敗れた高安は最後に少し足を痛めてしまった様に見えました。


◆白鵬 - 御嶽海
白鵬は張って出ていき、直ぐに右上手を引いてそのまま寄り切りました。

御嶽海を全く問題にしませんでした。

昨日、納得の出来ない相撲で土がついてしまったので、余計に相撲が厳しくなった感じに思えました。

白鵬はこれで11勝1敗としております。


【今日の安美錦】
十二日目の安美錦は白鵬を星1つ差で追っている隠岐の海との一番でした。

安美錦は当たっていこうと立ち合いましたが、隠岐の海が突いて出てきたので良い体勢は取れませんでした。

安美錦はその後、直ぐにはたくも隠岐の海はついてきました。

はたいた事で土俵際まで追い込まれてしまい、最後は隠岐の海に押し倒されてしまいました。

安美錦は7勝5敗となり、勝ち越しまであと1番としてから二日間足踏みとなりました。


【優勝の行方は?】
十二日目を終えて白鵬が1敗で単独トップは変わらず。

八角部屋の二人も2敗のまま変わっておりません。

[1敗]白鵬
[2敗]北勝富士 隠岐の海
[3敗]遠藤

3敗は遠藤一人となりましたが、残り3日ですので、優勝ラインは1敗若しくは2敗となりそうです。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


放送席の面々_初_四日目
皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフが相撲ファンにおくる大相撲ブログです。

大相撲初場所は4日連続の満員御礼が続いています。

大相撲人気の復活を感じる中、四日目の取組が行われました。

【放送席の面々】四日目
実況は白崎アナウンサー

正面解説は四日目にして2度目の登場になります舞の海秀平さん。

北の富士勝昭さんが休場している今場所はあと何回正面解説に座るのか注目したいです。

向正面解説は元関脇益荒雄の阿武松(おおのまつ)親方でした。
向正面の方_初_四日目

【主な取組結果】四日目
ゴールデンウルフ的に注目したい取組は、玉鷲と高安の一番ですね。

(玉鷲-高安)
どちらも頭で当たっての立ち合いでしたが、玉鷲が喉輪で起こしてそのまま押し出して、玉鷲の勝ち。

玉鷲は3勝1敗とした。五日目は今場所元気のない照ノ富士との一番となる。

玉鷲はまだ横綱、大関戦を残しているが、いくつ勝てるのか注目したい。


(上位陣の面々)
結びの一番では、またまた御嶽海が素晴らしい相撲を取った。

横綱鶴竜が引いたところを着いていき、そのまま押し出して、御嶽海が今場所2つ目の金星を獲得し、座布団も舞いました。

白鵬は今まで負けた事のない栃ノ心との一番で、対栃ノ心戦24連勝とし、今場所も4連勝とした。

稀勢の里は松鳳山との一番で、行司が回しうちわという完全な勘違いで逆に負けてしまった松鳳山に軍配を上げてしまう珍事があった。

結果的に物言いが付き、歯切れの悪い協議説明があり、稀勢の里が4連勝とした。

カド番大関の琴奨菊は、正代に敗れて2敗目となった。

照ノ富士は勢のすくい投げに敗れて早くも3敗目を喫した。


(今場所を見て感じる事!)
今場所の相撲を4日間見てゴールデンウルフが感じるのは世代交代が確実に迫っているという事です。

現在は3横綱、4大関が居り、昨年一年では誰一人変わらなかった。

しかし、今年は初場所含めてあと6場所もあれば、現在の3横綱、4大関がそのままという事は非常に考え難い。

ゴールデンウルフが見る限り、この力士強いねと思う方が何人かいる。

一人目は、玉鷲ですね。玉鷲はスロー出世との事ですが、先場所くらいから本当に強いと感じる。

次の大関に一番近い力士だとみている。

二人目は、今場所既に2つの金星を獲得した御嶽海ですね。

今場所はまだ4日目を終えたところなので、まだまだ分かりませんが、今年は三役定着しそうに感じる。

三人目は、正代ですね。

この力士は立ち合いはまだあまり上手な感じはしないが、得意の形になると本当に強い。

まだ上位ではありませんが、北勝富士も相撲を見ている限り、強いですね。

この北勝富士という力士は師匠である八角理事長の四股名である北勝海と理事長の師匠である北の富士から名前をもらい北勝富士となった。

正直名前負けしないか心配でしたが、この人も確実に上位に上がって来ると思ってます。

新しい力士が上位で勝ち星を上げれば、横綱、大関陣の勝ち星は当然悪くなり、現在の地位を保つ事が厳しくなるでしょう。

【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



花束名入れラベル酒

11月場所発表番付
皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフがお届けする大相撲ブログです。

昨日、11月13日㈰に初日を迎えます九州場所の番付発表がありました。

ゴールデンウルフも発表のありました番付情報に先場所の番付及び成績を記載しました表を作成したので、冒頭に張り付けました。

新三役としては先場所西前頭5枚目ならが10勝を上げた御嶽海が小結に昇進した。

後の三役としては、今場所大関とりのかかる高安が先場所と変わらず東の関脇。

西の関脇は先場所前半戦を大いに沸かせ、先場所は東前頭筆頭であった隠岐の海が昇進した。

西の小結は先場所西前頭6枚目で10勝を上げた玉鷲が三役に返り咲いた。

先場所13勝を上げ、最後まで優勝争いに残った遠藤は東前頭3まで番付を上げた。

新入幕としては先場所12勝3敗で十両優勝を果たした大輝改め北勝富士が西前頭11枚目。

また、先場所東十両6枚目であった石浦が9勝を上げ、東前頭15枚目と新入幕を果たした。

再入幕は英乃海と千代大龍の2人で、今場所十両へ陥落したのは4人だった。

先場所、西前頭3枚目で全休となった逸ノ城は西前頭13枚目、それと1勝10敗4休と大きく負け越してしまい11目から休場した千代鳳は西前頭12枚目となった。

新番付の大まかな内容は以上となります。


【ブログランキングに登録してます】
ゴールデンウルフのブログを寛大な心で見守って頂ける方はクリックをお願いします(^^)/~~~

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ