タグ:十四日目優勝

皆さん、おはようございます。

流石に十四日目で鶴竜の優勝が決まってしまいました。

しかし千秋楽には来場所の番付争いには非常に重要になってきますので、いつも以上に千秋楽は注目しているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は元小結普天王の稲川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の取組からは3敗で鶴竜を追っている大関高安と関脇御嶽海の取組と勝てばその時点で優勝の決まる横綱鶴竜と大関豪栄道の取組を振り返ってみたいと思います。


◆高安 - 御嶽海
高安はカチ上げていき、対する御嶽海はそれを上手く受けて押っ付けながらのど輪で押していきました。

そのまま土俵際まで高安を押し込みましたが、高安はくるりと一回転して土俵際を脱します。

御嶽海は積極的に攻めていくも最後は土俵際まで追い込まれた高安の突き落としに敗れてしまいました。

勝った高安は11勝3敗としました。

一方敗れた御嶽海は6勝8敗と久々の負け越しとなってしまいました。

また明日の取組に三役残留を掛ける事になります。


◆鶴竜 - 豪栄道
お互い頭で当たっていきました。

鶴竜は直ぐに引きながら、はたき込みました。

豪栄道が落ちるのを確認してから鶴竜も土俵下に落ちていきました。

相撲内容は良いものではありませんでしたが、十四日目で鶴竜がしっかりと優勝を決めました。


【優勝の行方は?】
十四日目で鶴竜が8場所ぶり4回目の幕内最高優勝を果たしました。

おめでとうございます!!

先場所は10連勝しながらも優勝を逃してしまった鶴竜でしたが、今場所こそ完全復活の優勝を飾る事が出来たのではないでしょうか。

優勝インタビューでは鶴竜自身でも『まあ、相撲はね。最悪でしたけどまあ勝つことが出来て本当に良かったです。』と言っていたのが印象的でした。

千秋楽では大関高安との取組が組まれているので良い相撲をとって頂きたいと思います。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

放送席の面々_夏_14日目
皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所は今日千秋楽を迎えます。

終わってしまうと祭りの後の様な気持ちになってしまうゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は大坂アナウンサー

正面解説は元横綱 旭富士の伊勢ヶ濱親方。

向正面解説は元関脇 北勝力の谷川親方でした。
向正面の方_夏_14日目


【主な取組結果】十四日目
十四日目は勝てば38回目の優勝が決まる白鵬が照ノ富士との取組とほぼ大関昇進を手中に収めていると思われる高安と正代との取組を振り返ってみたい。


◆高安 - 正代
お互い立ち合いで胸から当たっていきました。

高安は突き放していきましたが、寄り切れずここで高安は少し引いてしまいました。

そこで正代の逆襲され、土俵際高安は必死の上手投げを打つも正代寄り倒しに軍配が上がった。

高安はこの時点で今場所の優勝はなくなりました。

これで高安は11勝3敗となりました。

ところで高安は場所後、大関昇進がほぼ決まっておりますが、四股名はどうするのか気になるゴールデンウルフです。

日馬富士は元々安馬という四股名でしたが、安い馬では相応しくないという理由で日馬富士と四股名を変えました。

高安はやはり安いという字を含んでいますが、実は高安は本名だったりします。

兄弟子である稀勢の里も以前は萩原という本名を四股名で使っていましたが稀勢の里に四股名を変えてます。。

高安も四股名を変えるなら大関昇進となるこのタイミングなのかなぁと思ってます。

四股名を変えるなら〇〇の里か〇の里だと思いますが、〇は何になるんだろう。。。


◆白鵬 - 照ノ富士
白鵬は立ち合いでもろ出し狙いで胸から当たっていきましたが、回しは取れず。

その後もお互いに回しは与えず、少し硬直状態となるも結局どちらも回しは取れませんでした。

しかし、最後は白鵬が照ノ富士をしっかりと腰を割って寄り切ました。

白鵬はこれで14日目で38回目の幕内最高優勝を決めました。



◆優勝の行方は?
白鵬が十四日目で一年振り38回目の幕内最高優勝を決めました。
優勝な人
明日千秋楽は日馬富士との横綱対決となるが、やはりここまで初日から14連勝しているので、全勝して欲しいと思ってしまいます。


◆新入幕の二人
阿武咲は荒鷲との一番でした。

阿武咲は頭から当たっていき直ぐにはたきました。

はたいた事により、荒鷲に回しを与えてしまいましたが、阿武咲も左下手を引きました。

左下手をつかんだまま寄っていったところ、荒鷲の足が土俵を割りました。

阿武咲はこれで二桁10勝4敗として明日の千秋楽は貴景勝との取組が組まれております。


豊山は蒼国来との一番でした。

豊山は立ち合いが少し遅れて蒼国来の当たりを受ける感じになりました。

四つになり豊山が寄っていったところ、蒼国来の足が出てしまい、寄り切って豊山の勝ちとなりました。

これで豊山は3勝11敗となり、明日の千秋楽は十両旭大星との取組が組まれています。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


お得なJR+宿プランはこちらから!

放送席の面々_九_十四日目
皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフが相撲ファンにおくる大相撲ブログです。

大相撲九州場所は結果次第では優勝決定のある十四日目の取組が行われました。



【放送席の面々】十四日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は元大関琴風の尾車親方でした。

向正面解説は元小結普天王の稲川親方でした。
向正面の方_九_十四日目



【主な取組結果】十四日目
十四日目注目の取組はやはり勝敗によって優勝が決まってしまう結びと結び前の2番ですね。

正直なところ、今場所の展開で十四日目での優勝決定はまず無いと高を括っていました。

結び前に日馬富士と白鵬が、結びで豪栄道と鶴竜の取組を振り返ってみたいと思います。

(日馬富士-白鵬)
一度目の立ち合いは合わず、二度目の立ち合いで上手を取った日馬富士がそのまま白鵬を土俵際まで押し込んでいったところ、白鵬の逆転の小手投げ~!

負けてしまった後の日馬富士を見る限り、足首の具合も決して良くないのだと思ってしまった。

(豪栄道-鶴竜)
一つ前の取組で日馬富士が3敗と後退した後の取組。

鶴竜はこの一番に勝てば優勝決定といった状況でした。

一度目の立ち合いは合わず、鶴竜がつっかけ、二度目の立ち合いでは豪栄道の手つき不十分で行司が止めた。

三度目の立ち合い、思い切って当たっていった豪栄道、左をさして寄っていった。

その後豪栄道が右を巻き替えにいったところを上手出し投げ~!

十四日目で鶴竜の3回目の優勝が決まった。
鶴竜優勝決定


(その他上位陣の面々)
終盤戦を横綱3連覇しながらも栃ノ心に負けてしまい優勝争いから脱落してしまった稀勢の里は照ノ富士との一番。

力のこもった一番は稀勢の里が寄り切って11勝目をあげた。

これで稀勢の里は千秋楽に勝つと12勝3敗で一応優勝に準ずる成績となるので、来場所優勝次第では横綱と言った声も上がるかも知れませんね。

今場所既に負け越してしまい、来場所カド番で迎える事になる琴奨菊は碧山にはたき込まれ、10敗目を喫してしまった(汗)


(賜杯は鶴竜の手に)
十四日目を終えてこのような結果で、鶴竜の優勝が決まった。

[1敗]鶴竜
[3敗]日馬富士  稀勢の里  正代


(千秋楽を楽しむ)
既に幕内最高優勝は鶴竜で決まってしまった大相撲九州場所。

しかしまだまだ楽しみ方はありますよ。

まず、十両ですが、十四日目を終えて3敗で3人が並ぶ展開になっている。

[3敗]佐藤  青狼  小柳

千秋楽では青狼と佐藤が直接対決。

そして小柳は千代皇との一番が組まれている。

取組結果次第では十両優勝決定戦が行われる事になる。

幕内では遠藤が7勝7敗で千秋楽勝ち越しを目指して好調の玉鷲との取組が組まれている。

勝てば来場所新三役も十分考えられる。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


ボルドーワイン専門店【CuveeCouleur(キュベクルール)】

★日本のワイン業界を大きく牽引する偉大な日本人醸造家がプロデュース★
世界を股にかけ活躍するボルドー初の日本人醸造家、篠原麗雄氏と共にセレクトした自慢のラインナップ!
どのワインも胸を張っておすすめできるものばかり!『4本以上ご購入で送料無料』

↑このページのトップヘ