タグ:安美錦

皆さん、おはようございます。

昨日で大相撲九州場所が終わってしまいました。

昨年9月から始めたこのブログですが、今年一年90日間全てにブログを書くことが出来ました。

これもこのブログを訪れて頂ける方いるからと感謝しているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】千秋楽
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さん。

今年の最終日もやはりいつもの顔ぶれでした。


【主な取組結果】千秋楽
十四日目で既に幕内最高優勝は決まってしまってますので、千秋楽に勝ち越しを掛けている阿武咲の取組と結びの白鵬の1番を振り返ってみたいと思います。


◆阿武咲 - 宝富士
阿武咲は頭で当たってそのまま一気に出ていきました。

そのまま押し出して阿武咲の勝ち!

これで終盤戦4連勝として8勝7敗と勝ち越しました。


◆白鵬 - 豪栄道
白鵬は立ち合いで左手を出して直ぐに左上手を取りました。

下手は下がりをつかんでいた白鵬は差し手争いでもしっかり前まわしを引きました。

豪栄道が少し強引な下手投げにいくも白鵬の上手投げの方が勝りました。

白鵬が上手投げで自らの優勝に花を添えました。


◆表彰力士
[幕内優勝]
白鵬(40回目) 14勝1敗

(三賞受賞)
[殊勲賞]
貴景勝(2回目) 11勝4敗

[敢闘賞]
隠岐の海(3回目)11勝4敗
安美錦(2回目)   8勝7敗

[技能賞]
北勝富士(初)    11勝4敗

[十両優勝]
蒼国来(初)          14勝1敗


【今日の安美錦】
千秋楽の安美錦は勝ち越しを掛けて千代翔馬との一番でした。

安美錦は直ぐに右上手を引きました。

少し下がりながらも回り込んでの上手出し投げで安美錦の勝ち!

勝った後、『よし!』と言う言葉が画面越しでも分かりました。

終盤戦4連敗と苦しみながらも千秋楽で勝ち越しに加えて敢闘賞も獲得となりました!

これで来年も安美錦の相撲が幕内で見られるというのは嬉しい事です。




来年に向けて12月26日(火)に1月場所の番付発表があります。

そして1月場所は1月14日(日)が初日となっています。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

昨日の大相撲中継で年間最多勝の話題がありましたが、今年の最多勝争いは休場が相次いだこともあり、非常に低いと感じているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】七日目
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は舞の海秀平さん。

向正面解説は元関脇旭天鵬の友綱親方でした。


【主な取組結果】七日目
七日目からは2横綱の取組を振り返ってみたいと思います。


◆白鵬 - 阿武咲
白鵬は張っていきましたが回しは取れず、阿武咲にジリジリと押し込まれました。

しかし白鵬はタイミング良くはたいたところ、阿武咲は土俵に手を着いてしまいました。

白鵬が突き落としで勝って7連勝としました。


◆稀勢の里 - 北勝富士
立ち合いの当たりは五分の様に見えました。

その後、稀勢の里は回しは取れず、北勝富士は終始頭を上げず押しに徹しました。

最後は土俵際で稀勢の里が堪えられず土俵を割ってしまいました。

稀勢の里は七日目を終えて4勝3敗という成績になってしまいました。


【今日の安美錦】
七日目の安美錦は豪風との一番でした。

安美錦は頭で当たってから首を抑えての引き!

はたき込んで安美錦の勝ち。

これで6勝1敗としました。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

大相撲九州場所は序盤戦を終えました。

今場所は割と勝っている人と負けが込んでいる人がハッキリしている場所に感じているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】五日目
実況は三輪アナウンサー

正面解説は元関脇栃乃和歌の春日野親方。

向正面解説は元関脇若の里の西岩親方でした。


【主な取組結果】五日目
五日目からは結び前の白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆白鵬 - 栃煌山
白鵬は時間前に立ちましたが、栃煌山はそれに応じず立ち合い不成立となりました。

時間一杯となって、白鵬は立ち合い張り差しからカチ上げていきました。

そして白鵬はいなしてからしっかりと押し出しました。

最後、白鵬はちょっとダメ押しをしてしまった感もあり、気合十分というより、ちょっと雑な相撲の感じがしました。

白鵬はこれで5連勝として中盤戦へ突入していきます。


【今日の安美錦】
五日目の中入り後の時間には安美錦の再入幕インタビューでした。

取組は新入幕の大奄美と幕内では初顔の取組でした。

安美錦は頭で当たって直ぐに左に回って上手を取りました。

大奄美もジリジリと寄っていくも寄り切れず。

最後は土俵際で安美錦が一度大奄美を押し戻してからのすくい投げで安美錦の勝ち。

なんとこれで初日から5連勝としました。


【序盤戦を終えて】
五日目まで終えて、勝ちっぱなしは、横綱白鵬、大関豪栄道、幕内最年長で再入幕を果たした平幕安美錦の3人となってます。

1敗で7人が追う展開となってます。

今場所カド番で迎えた大関高安は五日目に玉鷲に敗れて4勝1敗となっています。

まずは早く勝ち越してカド番を脱してもらいたいと思います。

また、大関陥落してしまい今場所10勝上げれば大関に復帰する照ノ富士は初日から4連敗で五日目から休場となりました。

これで大関復帰は無くなってしまい、来場所は前頭でも後ろの方の番付を覚悟しなければなりません。

早く怪我を完治させてまた大暴れする事を期待したいと思います。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

場所中の平日に飲みに行ってしまうと中々とブログ更新が辛いなぁと感じてしまうゴールデンウルフです。


【放送席の面々】四日目
実況は厚井アナウンサー

正面解説は初日に向正面に座っていました舞の海秀平さん。

向正面解説は元小結旭豊の立浪親方でした。


【主な取組結果】四日目
四日目からの取組も2横綱の取組を振り返ってみたいと思います。


◆稀勢の里 - 貴景勝
稀勢の里は頭で当たっていきました。

しかし、貴景勝も低く当たって、突いていきました。

稀勢の里は貴景勝の突き押しをまともに受けて残すことが出来ませんでした。

突き出して貴景勝の勝ち。

稀勢の里は早くも2敗目となってしまいました。

初日、玉鷲に敗れた時にも思いましたが、稀勢の里は下半身の安定感がなく稽古不足なのではないかと思えてしまう。


◆白鵬 - 千代大龍
白鵬は鋭く踏み込んでいき、直ぐにもろ出しになりました。

肘も張って千代大龍には回しを与えませんでした。

そのまま落ち着いて寄り切りました。

白鵬はこれで4連勝としました。


【今日の安美錦】
四日目の安美錦は今場所同じく再入幕を果たした妙義龍との一番でした。

安美錦は張って当たって直ぐ様はたき込んでいきました。

はたき込みが見事に決まって安美錦が初日から4連勝としました。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

いよいよ今年最後の場所である九州場所が昨日初日を迎えました。

一週間前から喉が痛く、薬を飲んでいるにも関わらず今度は咳が止まらないゴールデンウルフです。


【放送席の面々】初日
実況は大坂アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さんと解説は九州場所でも変わらない面々でした。


【主な取組結果】初日
初日の取組からは素直に3横綱について振り返ってみたいと思います。


◆稀勢の里 - 玉鷲
何と3度立ち合いが合わず、4度目の立ち合いとなりました。

稀勢の里は張り差しにいきました。一度左を差すも玉鷲に突き放されてしまいました。

しかしその後も稀勢の里は寄っていくも玉鷲を捕まえる事は出来ませんでした。

そして今度は玉鷲の思い切った突き出しに一気に形勢逆転となり、そのまま玉鷲が稀勢の里を押し出しました。

稀勢の里は黒星スタートとなってしまいました。

一方、勝った玉鷲は金星獲得となりました。

稀勢の里は下半身が安定していない様に見えて、これは稽古不足なのではと感じました。


◆白鵬 - 琴奨菊
白鵬はカチ上げていきました。

そして白鵬は琴奨菊を踏み止めて左上手を引いてからタイミング良く上手出し投げで琴奨菊をあっさり退けました。

休場明けを全く感じさせない白鵬でした。


◆日馬富士 - 阿武咲
立ち合いはお互い低く頭で当たっていきました。

阿武咲は突いてから直ぐにはたく様に圧力を掛けたところ、日馬富士は手を土俵に着いてしまいました。

日馬富士は黒星スタートとなってしまいました。


結果、2横綱が敗れるという波乱に見舞われた初日となってしまいました。


【今日の安美錦】
初日は琴勇輝との取組でした。

2回立ち合いが合わず、3度目の立ち合いで右上手を取って直ぐに回り込んでの上手投げ!!

2016年の夏場所初日以来の幕内白星を上げました。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ