タグ:小柳

放送席の面々_夏_初日
皆さん、おはようございます。

いよいよ大相撲夏場所が初日を迎えました。

また暫く寝不足の日々が続きますが、楽しい日々を過ごしたいと考えているゴールデンウルフです。

【放送席の面々】初日
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は非常に鮮やかな色のスーツがお似合いの北の富士勝昭さん。

向正面解説は初日はいつもと変わらず名コンビの舞の海秀平さんでした。
向正面の方_夏_初日

【主な取組結果】初日
今場所に3連覇をかける稀勢の里ですが、やはり先場所の怪我がまだ治りきってないようです。

上位陣では白鵬と稀勢の里の取組を振り返ってみたい。

◆白鵬 - 千代の国
休場明けとなる白鵬は千代の国との初顔合わせでした。

白鵬は張って直ぐに上手を取りにいき、そのまま土俵際まで寄っていき、寄り切って白星発進となった。

土俵際で千代の国のはたかれて土俵外に手をついてしまも白鵬は千代の国の足が土俵を割っているのを確認している様にもみえました。

北の富士さんも舞の海さんも以前の白鵬から見ると盤石ではないと厳しいコメントが出ていました。

◆稀勢の里 - 嘉風
怪我している左腕にはテーピングをして取組に臨んだ稀勢の里でした。

立ち合いで右からおっつけていく嘉風に対して回しの取れなかった稀勢の里。

そのまま押されて土俵際まで稀勢の里はいってしまった。

結局、そのまま嘉風が稀勢の里を押し出した。

稀勢の里は痛い黒星発進となってしまった。

今日の取組では嘉風に完全に左を封じられてしまった。

稀勢の里は痛めている左腕を使わせて貰えなかったのか、使えなかったのかは今日の相撲では正直分からなかった。

◆上位陣の取組結果
横綱鶴竜は、小結御嶽海に押し出されて黒星スタート。

大関照ノ富士は強引な投げにいくも遠藤は土俵を割らず、逆に寄り切られて黒星スタート。

今場所大関昇進をかける高安は大栄翔との一番でしたが、全く相手を寄せ付けずはたき込みで白星スタート。

高安はちょっと強いですね。

今場所で大関昇進を決めてしまう可能性は高いのではないでしょうか。

高安の二日目はカド番大関の豪栄道との取組が組まれている。

◆新入幕の二人
今場所の新入幕は二人居ます。

東前頭14枚目の阿武咲(おおのしょう)と東前頭16枚目の小柳改め豊山です。

特に豊山は幕尻ですので、勝ち越さないと十両落ちてしまう番付です。

豊山はここまで負け越した事がないとの事で注目して見ていこうと思います。

初日の豊山は魁聖との一番でした。

押し相撲が得意の豊山ですが、立ち合いで直ぐに右の上手を取った豊山。

魁聖を寄り切って豊山は新入幕初白星を手にしました。

阿武咲は大翔丸との一番でした。

はたかれても落ちない阿武咲でしたが、最後は大翔丸の突き落としに敗れてこちらは初白星はお預けになってしまいました。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


金運アップ習慣【お財布専用ふとん】

2017年5月場所発表番付
皆さん、おはようございます。

暫くご無沙汰しておりましたゴールデンウルフです。

新年度が始まり大変忙しく過ごさせて頂いておりましたところ、体調不良にも見舞われてしまいブログの更新をお休みしておりました。

しかし、遂に5月場所の番付が発表されました!

また、頑張って更新していきますので、宜しくお願い致します。

さて昨日、5月14日㈰に初日を迎えます夏場所の番付発表がありました。

ゴールデンウルフの方はいつも通り発表のありました番付と先場所の番付及び成績を記載しましたので添付します。

4横綱で迎える2場所目です。

先場所、奇跡の逆転優勝を飾りました稀勢の里が東の横綱。

鶴竜と日馬富士は先場所揃って10勝5敗でしたので、番付は全く変わりませんでした。

先場所休場してしまった白鵬が西の2番手横綱。

大関は千秋楽まで稀勢の里と優勝争いを演じた照ノ富士が東の大関。

途中休場となってしまった豪栄道が西の大関です。

3関脇は先場所全員勝ち越したこともあり、玉鷲、高安、琴奨菊と全く同じ顔ぶれで同じ番付になりました。

東の小結も先場所と変わらず、御嶽海となっている。

西の小結は、先場所東前頭4枚目で8勝7敗と勝ち越した嘉風が返り三役となっている。

続いて、先場所二桁勝ち星をあげた力士の番付です。

先場所西前頭8枚目で10勝5敗を上げた隠岐の海は東前頭2枚目となった。

東前頭11枚目で11勝を上げた大栄翔が東前頭3枚目、西前頭10枚目で10勝を上げた栃煌山が東前頭4枚目。

東前頭13枚目で11勝を上げた貴景勝が西前頭7枚目まで番付を上げてます。

先場所西十両2枚目で9勝6敗の成績を収めた阿武咲(おおのしょう)が東前頭14枚目で新入幕を果たしている。

そしてもう一人は昨年3月場所から7場所全て勝ち越し、小柳改め豊山が東前頭16枚目と幕尻ではあるが新入幕を迎えており、期待したい。

また、豊響と千代大龍が再入幕を果たしている。


次回のブログでは勝手に番付予想について答え合わせを行いたいと思います。


【ブログランキングに登録してます】
私、ゴールデンウルフを応援してくれる方!クリックをお願い致しますm(_ _)m

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


【神々(じんじん)】九州産の麦のみで仕上げた本格麦焼酎です!

放送席の面々_春_13日目
皆さん、おはようございます。

大相撲十三日目は大変な事になりました。

ブログを書いている時点では稀勢の里の十四日目の出場については分かっていませんが、怪我の状況が思わしくないなら怪我の治療に専念してもらいたいと思います。

【放送席の面々】十三日目
実況は刈屋アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

千秋楽も恐らく北の富士さんが正面解説だと思いますので、十三日目にも登場するのは極めて珍しい感じがしました。

向正面解説は元小結普天王の稲川親方でした。
向正面の方_春_13日目

【主な取組結果】十三日目
十三日目に振り返るのはこの2番しかない気がします。

◆照ノ富士 - 鶴竜
立ち合いで右四つから鶴竜が巻き替えてもろ出しとなった。

しかし照ノ富士も外四つから巻き替えて左四つになった。

今度は鶴竜がまた巻き替えてもろ出しとなった。

照ノ富士は外四つで強引に力で寄っていき、鶴竜を寄り切った。

これで照ノ富士は1敗を守った。

正直力強い相撲なのは間違いありませんし、こう言った相撲が照ノ富士の魅力なのですが、怪我には気を付けて頂きたい。

◆稀勢の里 - 日馬富士
立ち合い頭で鋭く当たっていった日馬富士。

そのまま一気に押していき、稀勢の里に何もさせずにそのまま寄り倒した。

土俵下に落ちてしまった稀勢の里は直ぐに立ち上がれず、起き上がって肩を抑える仕草。

結局、自分では立ち上がれず他の人に手を借りて立ち上がった。

支度部屋に戻る時も痛みで顔をしかめていた。

スローで見る限り土俵から倒れる稀勢の里の顔が歪んでいるのが分かる。

恐らく取組の最中に痛めたのではないかと思われる。

脱臼ではない様に見えた。

ちょっと十四日目の出場は危ういかも知れません。

中途半端に出場しても鶴竜戦、照ノ富士戦に勝たないと意味がないので、休場も致し方ないかも知れませんね。

◆優勝の行方は?
十三日目を終えた時点での優勝争いは下記の通りとなっている。

2敗の高安、栃煌山共に敗れ3敗に後退した。

[1敗]稀勢の里 照ノ富士

もし稀勢の里が休場した場合は、十四日目に琴奨菊との一番に照ノ富士が勝てば2回目の優勝が決まる事になる。

◆十両優勝の行方は?
十両の優勝争いもすごい事になっている。

十三日目に3敗の大砂嵐と4敗の小柳の直接対決で小柳が勝った為、9勝4敗で二人が並んだ。

因みに5敗は7人居る状況で、残り2日となった。

大砂嵐と小柳が5敗に引きずりおろされる事があった場合は恐らく多人数による決定戦といった状況になってしまうかも知れません。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


ボルドーワイン専門店【CuveeCouleur(キュベクルール)】

★日本のワイン業界を大きく牽引する偉大な日本人醸造家がプロデュース★
世界を股にかけ活躍するボルドー初の日本人醸造家、篠原麗雄氏と共にセレクトした自慢のラインナップ!
どのワインも胸を張っておすすめできるものばかり!『4本以上ご購入で送料無料』

放送席の面々_春_中日
皆さん、おはようございます。

土曜日から急に花粉を感じる様になり、右目が涙目となってしまっているゴールデンウルフです。

早くこの花粉の時期を終えて頂きたいと願うばかりです。

【放送席の面々】中日
実況は大坂アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方でした。

それと本日のゲストはボクシング元世界王者の長谷川穂積さんを迎えての中日放送でした。

長谷川さんは中入り後後半戦は向正面に座って頂いておりました。

【主な取組結果】中日
中日の取組からは中日勝ち越しを掛ける田子の浦勢の2番を振り返ってみたい。

◆高安 - 勢
立ち合いからついてくる高安を左四つに踏み止めた勢。

勢は左腕を痛めている事もあるのか上手は取れず、土俵際まで追い詰められ勢は回り込んでの小手投げをうつも決まらず。

また土俵中央で組み合った状態から若干強引な高安の下手投げで勢は土俵に手をついてしまった。

敗れた勢はかなり左腕が痛そうでした。

高安は中日勝ち越しで折り返した。

◆稀勢の里 - 松鳳山
立ち合いで押し上げていった松鳳山、構わず押して行く稀勢の里。

その後松鳳山に中に入られもろ出しの状態に組まれ、押し返され苦しい稀勢の里。

しかし、押し出されずに耐える稀勢の里は小手投げに振ってからの小手ひねりで稀勢の里が中日勝ち越しを決めました。

見ている方は、正直ちょっと今日は負けたかなと思っていましたが、やはり大関の時とは明らかに勝ちへの執着心が違う様です。

◆優勝の行方は?
今場所は中日を終えた時点での優勝争いは下記の通りとなっている。

[全勝]稀勢の里 高安
[1敗]照ノ富士 栃煌山
[2敗]鶴竜 日馬富士 琴奨菊 千代の国 千代翔馬 徳勝龍

◆十両優勝の行方は?
十両では勝ちっぱなしと1敗力士は既にいません。

現在は2敗力士が3人居ます。

十両3枚目豊響、十両4枚目小柳、十両7枚目大砂嵐の3人でこれを3敗力士8人が追う展開になってます。

十両4枚目小柳は成績次第では来場所新入幕になるのではないかと思い注目したい。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい

放送席の面々_九初日
皆さん、おはようございます。

ゴールデンウルフが相撲ファンにおくる大相撲ブログです。

昨日より、今年最後の場所になります大相撲九州場所が始まりました。

【放送席の面々】初日
実況は和装の白崎アナウンサー

正面解説は先場所の正面席では一度も見られなかったスーツ姿の北の富士勝昭さんでした。

何かお互いの格好が逆とツッコミたくなる感じでした。

白崎アナウンサーはこの初日が和装デーだったのでこの格好なんだと思います。

向正面解説はお馴染みの舞の海秀平さんでした。
向正面の方_九初日

【主な取組結果】初日
初日の取組で気になった取組がいくつかありました。

(大翔丸-北勝富士)
大輝改め、現理事長の四股名である北勝海の北勝と北の富士勝昭さんの富士を足して北勝富士と四股名を改名しました。

名前負けしないか心配していましたが、良い相撲で大翔丸を押し出して新入幕初白星を上げました。

(高安-遠藤)
大関取りとなる高安に先場所好成績で東前頭3まで番付を上げてきた遠藤との一番を注目してました。

結果は、高安があっさり遠藤を突き出して白星発進となった。

高安は二日目になんと横綱昇進をかける豪栄道との取組となる。

豪栄道、高安ともに昇進の為には負けられない一番になります。

(上位陣の面々)
横綱3人・大関4人で合わせて7番の取組があった。

残念ながら初日に黒星を喫してしまったのは2名。

カド番大関である照ノ富士が嘉風との一番で土俵際、体格で劣る嘉風に照ノ富士がつり出されてしまった。

照ノ富士は、まだ膝の具合が良くない様に見える一番で、カド番にも関わらず厳しいスタートになってしまった。

黒星のもう一人は日馬富士。

結びで小結玉鷲との一番でしたが、立ち合いで左にいなされて、そのまま押し出されてしまった。

いなされた時に踏ん張った左足か、どこか痛めてしまったのではないかとちょっと思ってしまいました。

(気になる十両)
今場所、十両で気になる人と言うとこの人なのではないでしょうか。

新十両 小柳(おやなぎ)

この人は三段目付け出して3月場所にデビューしその後4場所で新十両となった。

どれだけ強いのか検証していきたい。

初日は同じく新十両 大翔鵬との一番であったが、あっさり寄り切り、白星スタートとなった。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



《公式》味の明太子ふくや

↑このページのトップヘ