タグ:舞の海

皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所が終わってしまいました。

しかし来場所は大関栃ノ心が誕生して新たな見どころが満載となるので非常に楽しみに感じているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】千秋楽
実況は吉田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。


【主な取組結果】千秋楽
千秋楽からは優勝争いに関連する終わり2番の取組を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 勢
栃ノ心は一度突き放してから左上手を引きました。

そして土俵際力を込めて勢を寄り切りました。

栃ノ心は13勝2敗として結びの一番の結果を待ちます。


◆鶴竜 - 白鵬
鶴竜は立ち合いで直ぐに左上手を引いて頭を付けました。

そして下手も引いてから一気に出ていきました。

土俵際まで押し込むも白鵬も簡単に寄り切られませんでした。

白鵬は一度土俵中央辺りまで戻すも体制は鶴竜の有利な体勢を崩す事は出来ませんでした。

再び鶴竜は寄っていき、粘る白鵬を寄り切りました。

鶴竜はこれで2場所連続の幕内最高優勝を決めました。


◆表彰力士
[幕内優勝]
鶴竜(5回目)     14勝1敗

(三賞受賞)
[殊勲賞]
松鳳山(初)     8勝7敗

[敢闘賞]
栃ノ心(6回目) 13勝2敗
千代の国(初)   12勝3敗
旭大星(初)    10勝5敗


[技能賞]
栃ノ心(3回目) 13勝2敗


[十両優勝]
阿武咲(初)    12勝3敗


【二桁力士を探せ!】
今場所のこのコーナーですが、ちょっと凄い事が起きました。


◆貴景勝
貴景勝は立ち合いから佐田の海を突いていき、直ぐに引きました。

正直あまり良い引きではありませんでしたが、なんとかはたき込みが決まって貴景勝の勝ち!!

貴景勝は何と何と中日から8連勝とし、これで10勝5敗で二桁を達成してしまいました。




【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

大相撲七日目は六日目で単独トップに立ちました栃ノ心の対戦相手だった遠藤が休場との事で既に7連勝が決まっていました。

大関栃ノ心誕生はかなり可能性が高い様に思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】七日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。


【主な取組結果】七日目
七日目からは栃ノ心を1敗で追う白鵬と鶴竜の両横綱の取組を振り返ってみたいと思います。


◆白鵬 - 千代大龍
六日目で黒星を喫してしまった白鵬でしたが、七日目は快勝でした。

白鵬は思い切って踏み込んでいき、左上手を引いて一気に寄っていきました。

白鵬は寄り切りで勝って6勝1敗で栃ノ心を追っていきます。

中日は豊山の初挑戦を受ける事になります。


◆鶴竜 - 豊山
鶴竜は低く当たっていき回しを取りにいくも取れなかったので突いていきました。

そして突き切れないと思ったのか、またも引いてしまいました。

最後は何とか突き落とし決まって鶴竜が勝ちましたが、あまり良い相撲ではないですね。

先場所の優勝した時の相撲とは違って見えます。

鶴竜は七日目を終えて6勝1敗と栃ノ心を追います。


【二桁力士を探せ!】
さて、七日目でついに貴景勝が5敗目を喫してしまい土俵際となってしまいました。


◆貴景勝
貴景勝は大翔丸に上手くいなされて押し出しで敗れてしまいました。

これで貴景勝は2勝5敗と二桁力士を探しているこのコーナーでは土俵際となってしまいました。

尚、6敗目を喫した時点でドボンとなり終了となります。


◆佐田の海
佐田の海は錦木と四つに組む相撲を取るも最後は佐田の海が寄っていくも錦木に体を入れ替えられて土俵を割ってしまいました。

佐田の海は上手投げで敗れて、4勝3敗となっております。

中日は豪風との取組が組まれております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

今日は折角の週末にも関わらず冴えない空模様です。

午後からは回復するような予報ですので回復を期待しているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】六日目
実況は三輪アナウンサー

正面解説は舞の海秀平さんが、二日目に続いて2回目の正面解説でした。

向正面解説は元幕内栃栄の三保ヶ関親方でした。


【主な取組結果】六日目
六日目からは白鵬、栃ノ心の三役以上で勝ちっぱなしの二人の取組を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 豊山
栃ノ心は豊山との初顔の取組でした。

栃ノ心は立ち合いで左回しを取りにいくも取れずに突っ張っていくもその後引いてしまいました。

引きが災いして土俵際まで追い込まれるも最後は何とか突き落として栃ノ心が白星を拾いました。

これで栃ノ心は6連勝とするも相撲内容は今場所一番危なかった取組でした。

七日目は遠藤との取組が組まれております。


◆白鵬 - 阿炎
白鵬は立ち合いで回しを取りにいくも取れませんでした。

阿炎は突いて出て頭も突けて押し切りました。

結びの取組だった事もあり沢山の座布団が舞いました。

白鵬は何も出来なかった感じです。

これは阿炎の完勝と言った内容の相撲でした。

白鵬は六日目で黒星を喫して5勝1敗となりました。


【二桁力士を探せ!】
さて、六日目となりましたこのコーナーですが、なかなか難しいなぁと実感しています。


◆貴景勝
貴景勝は朝乃山との取組で頭から当たって突きと左からの強烈な張りも見せるも最後は朝乃山のはたきに貴景勝は前に落ちてしまいました。

今場所の貴景勝は本当に前に落ちる場面が多いですね。

これで貴景勝は2勝4敗と黒星が2つ先行してしまっています。


◆佐田の海
佐田の海は安美錦との取組で立ち合いから両手を出して一気に押していきました。

押し出して佐田の海が4勝2敗としております。

七日目は錦木との取組が組まれております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

今場所はまだ二日目を終わったばかりですが、上位陣が安定しています。

誰がどこまで白星を並べていけるか注目しているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】二日目
実況は船岡アナウンサー

正面解説は初日向正面解説だった舞の海秀平さん。

向正面解説は元幕内竹葉山の宮城野親方でした。


【主な取組結果】二日目
二日目取組からは今場所大関昇進を目指す栃ノ心と新鋭阿炎の取組と白鵬と御嶽海の結びの一番を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 阿炎
阿炎は長い腕でもろ手突いてきました。

栃ノ心は阿炎に喉元を突かれて突き返していきました。

そして栃ノ心が上手く阿炎の回しを深い位置で取りました。

これで阿炎は万事休す、栃ノ心が寄り切りで勝って2連勝としております。

栃ノ心は今場所大関昇進を掛けています。

11勝上げればまず間違いなく昇進しますが、10勝でも3場所合計で34勝ですので、昇進するのではないかと考えています。


◆白鵬 - 御嶽海
白鵬は立ち合いで左の上手を取りに行きましたが、取れずに直ぐに御嶽海を呼び込んでしまいました。

御嶽海は白鵬を土俵際まで押し込むもはたいてしまうも決まらず。

最後は出てくる御嶽海から上手を取って回り込みながらの上手投げで白鵬の勝ち。

白鵬はこれで2連勝としました。


【二桁力士を探せ!】
今場所の二桁力士の予想としては貴景勝と佐田の海を上げましたが二日目はどうだったでしょうか?


◆貴景勝
二日目の貴景勝は隠岐の海との取組でした。

隠岐の海に寄り切りで敗れてしまい、貴景勝は1勝1敗となりました。

三日目は大奄美と初顔合わせの取組が組まれております。


◆佐田の海
佐田の海は二日目栃煌山との取組でした。

思い切って前に出る相撲で栃煌山を寄り倒して2戦2勝としております。

三日目は膝を痛めている様で連敗している石浦との取組が組まれております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日から大相撲夏場所が初日を迎えました。

初日という事もあり、今場所はじっくりと見させて頂きましたゴールデンウルフです。


【放送席の面々】初日
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さん。

先場所の初日は舞の海さんが居ませんでしたが、今場所はいつも通りの初日の面々でした。


【主な取組結果】初日
田子の浦部屋の稀勢の里と高安が休場との事で、今場所は鶴竜、白鵬の2横綱と豪栄道の1大関で初日を迎えております。

そんな初日からは普通に横綱・大関の取組を振り返ってみたいと思います。


◆豪栄道 - 魁聖
立ち合い豪栄道は低く思い切って当たっていきました。

そして直ぐに左前回しを取り、魁聖が出てくるところに出し投げで体制を崩して寄っていきました。

豪栄道が魁聖に寄り切りで勝って白星発進となりました。


◆白鵬 - 玉鷲
休場明けの白鵬は張り差しを選択しました。

しかし回しは取れず、玉鷲はのど輪で突き離していきました。

途中完全に離れた状態で見合いました。

白鵬は土俵際の玉鷲をよく見て押し出しました。

休場明けの白鵬も初日白星スタートとなりました。


◆鶴竜 - 遠藤
初日注目していた取組ですが、鶴竜、遠藤共に低く頭で当たっていきました。

鶴竜は回しを取ろうとするも取れず、遠藤は突っ張りで応酬するも最後は鶴竜が遠藤の首根っこを掴んでのはたき込みが決まりました。

決り手は引き落としで遠藤を破って鶴竜が白星スタートしております。


【二桁力士を探せ!】
さて、今場所で3場所目を迎えるこのコーナーですが、今場所はしっかりと初日の相撲をみさせて頂きました。

その中で調子が良いなぁと思った平幕力士は4人居ました。

嘉風、貴景勝、隠岐の海、佐田の海の4人がゴールデンウルフ的に良い相撲を取っている様に見えました。

そして二桁勝てそうな力士を2人に絞りました。


◆貴景勝
まず1人目は貴景勝を上げたいと思います。

先場所は途中休場で西前頭3枚目から西前頭10枚目まで番付を下げましたが、初日の北勝富士との取組を見る限り一気に番付を駆け上がっていった時の粘りのある相撲に見えました。


◆佐田の海
2人目は先場所十両優勝をして再入幕を果たした佐田の海を上げます。

初日は碧山との取組でしたが、碧山の突っ張りにもめげずに前に出ていき、そのまま寄り切りました。


明日以降もこの二人の相撲を追っていきたいと思います。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ