タグ:芝田山

皆さん、おはようございます。

なんとなんと大相撲夏場所の優勝争いは目まぐるしく状況が変わっていきます。

さて今日の千秋楽はワクワクしながら観戦したいと思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は大坂アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の取組からは単独トップの栃ノ心と正代の取組を振り返ってみたいと思います。


◆鶴竜 - 栃ノ心
立ち合いは栃ノ心の方が良かった様に見えました。

その後、鶴竜はもろ出しの体制となった事で栃ノ心の腰が高くなってしまいました。

しかし栃ノ心は両上手の体制でそのまま強引に寄っていくも寄り切れず。

最後は栃ノ心の捨て身の上手投げも決まらず、鶴竜のすくい投げで優勝争い単独トップは鶴竜に変わりました。

負けた栃ノ心が土俵を叩いて悔しがっていたのが印象的でした。


◆白鵬 - 逸ノ城
結び前の結果で鶴竜に自力優勝の可能性が出てきた白鵬は逸ノ城との取組でした。

立ち合いで白鵬は左上手が取れた様に見えましたが、届いていただけで取れていなかった様です。

逸ノ城は左上手をしっかり引き、白鵬を半身の体制にしてからの上手投げで白鵬はあっさり手を着いてしまいました。

白鵬は自力優勝の可能性が復活してきた時は異常なくらい強かったイメージがありました。

しかしここのところ、白鵬は少し弱くなってしまったのかなぁと思ってしまいます。


【二桁力士を探せ!】
今場所このコーナーが千秋楽まであると言う事が奇跡的に感じています。


◆貴景勝
貴景勝は妙義龍との取組でしたが、よく見ながら突いていきました。

貴景勝が押し倒してなんと貴景勝が中日から7連勝とし、これで9勝5敗としております。

千秋楽ではこのコーナーで追っていたもう一人の佐田の海との取組が組まれています。



【優勝の行方は?】
十四日目を終えてなんと鶴竜が単独トップになっております。

もう千秋楽だけですので優勝争いは鶴竜と栃ノ心に絞られました。


[1敗]鶴竜
[2敗]栃ノ心


結び前で栃ノ心は勢との取組が組まれていますので、まずこの取組で勝つ事が逆転優勝の最低条件となっています。

鶴竜は白鵬との結びの一番で勝つ事で2場所連続優勝が決まる事になります。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

大相撲七日目は六日目で単独トップに立ちました栃ノ心の対戦相手だった遠藤が休場との事で既に7連勝が決まっていました。

大関栃ノ心誕生はかなり可能性が高い様に思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】七日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。


【主な取組結果】七日目
七日目からは栃ノ心を1敗で追う白鵬と鶴竜の両横綱の取組を振り返ってみたいと思います。


◆白鵬 - 千代大龍
六日目で黒星を喫してしまった白鵬でしたが、七日目は快勝でした。

白鵬は思い切って踏み込んでいき、左上手を引いて一気に寄っていきました。

白鵬は寄り切りで勝って6勝1敗で栃ノ心を追っていきます。

中日は豊山の初挑戦を受ける事になります。


◆鶴竜 - 豊山
鶴竜は低く当たっていき回しを取りにいくも取れなかったので突いていきました。

そして突き切れないと思ったのか、またも引いてしまいました。

最後は何とか突き落とし決まって鶴竜が勝ちましたが、あまり良い相撲ではないですね。

先場所の優勝した時の相撲とは違って見えます。

鶴竜は七日目を終えて6勝1敗と栃ノ心を追います。


【二桁力士を探せ!】
さて、七日目でついに貴景勝が5敗目を喫してしまい土俵際となってしまいました。


◆貴景勝
貴景勝は大翔丸に上手くいなされて押し出しで敗れてしまいました。

これで貴景勝は2勝5敗と二桁力士を探しているこのコーナーでは土俵際となってしまいました。

尚、6敗目を喫した時点でドボンとなり終了となります。


◆佐田の海
佐田の海は錦木と四つに組む相撲を取るも最後は佐田の海が寄っていくも錦木に体を入れ替えられて土俵を割ってしまいました。

佐田の海は上手投げで敗れて、4勝3敗となっております。

中日は豪風との取組が組まれております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

今週末はのんびりと休息に当てさせて頂いておりますゴールデンウルフです。


【放送席の面々】七日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は元小結旭豊の立浪親方でした。


【主な取組結果】七日目
七日目の取組からは六日目の放送で北の富士さんがべた褒めしていた逸ノ城と玉鷲の取組と結びの横綱鶴竜と貴景勝の取組を振り返ってみたいと思います。


◆逸ノ城 - 玉鷲
立ち合いは逸ノ城は捕まえたい玉鷲は捕まえられたくないと言った感じの立ち合いでした。

玉鷲の方が良い立ち合いでした。

そして玉鷲は思い切ってのど輪で押し込んでいったところ、逸ノ城は我慢できず引いてしまいました。

決り手は押し出しで玉鷲の勝ち!

一方敗れた逸ノ城は5勝2敗となりました。


◆鶴竜 - 貴景勝
お互い頭で当たっていきました。

貴景勝は思い切って押していくも鶴竜は上手く交わして土俵際で押し出して鶴竜の勝ち!

しかし物言いがつきました。

スローで見ると鶴竜が土俵際で押し込んだ時に左足のつま先が土俵の外で若干の土をはいている様にもみえました。

長~い協議の末、鶴竜の足は出ていないという結論として鶴竜の勝ちとなりました。

う~ん正直イマイチな裁定でした。

鶴竜の足はやはり出ている様に見えますが、貴景勝の体もあるとは言えない様にみえましたので、取り直しの方が良いかと思いました。

軍配差し違いで貴景勝の勝ちとしても仕方がない様な取組でした。

これは抗議の電話が殺到しているのではないかと心配になります。

いずれにしても鶴竜はこれで7連勝としております。


【二桁力士を探せ!】
今場所はゴールデンウルフ的には苦戦を強いられているコーナーです。


◆竜電
竜電の七日目は石浦との取組でした。

2日目から5連敗中の竜電は小さな石浦を捕まえにいきました。

そして右上手を取って直ぐに上手出し投げ!

ようやく連敗を止めて2勝5敗としております。


◆玉鷲
玉鷲は好調の逸ノ城から白星を上げて4勝3敗と白星を先行させております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日は十四日目で平幕の栃ノ心が初優勝を決めました!!!

いつも正攻法な相撲を取る栃ノ心は非常に好感の持てる力士ですので、次は大関の地位を目指して頑張ってもらいたいと思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は大坂アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目からはこの一番だけ振り返れば良いと考えます。

勿論、勝てば平幕優勝が決まる栃ノ心の取組について振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 松鳳山
立ち合いから松鳳山が小刻みに突っ張ってきました。

栃ノ心も突き返していきました。

松鳳山がいなして栃ノ心の横に付こうとしましたが、栃ノ心が素早く振り返って組みました。

そしてそのまま栃ノ心は松鳳山を寄り切りました!!!

これで栃ノ心が初優勝を決めました。


【二桁力士を探せ!】
今場所から新たな試みとして始めたこのコーナー。

初日の相撲を見た時点で10勝以上しそうな2力士を選んて毎日追っています。


◆遠藤
遠藤は輝との取組でした。

輝が思い切って当たっていきました。

遠藤は防戦一方かと思った瞬間、輝の右足が仕切り線で滑りました。

決り手は引き落としで遠藤の勝ちとなりました。

遠藤はこれで9勝5敗とし明日に二桁をかけますが、明日は何と幕内最高優勝を決めた栃ノ心との取組です。

遠藤には勝って二桁を達成して欲しいところですが、栃ノ心にも初優勝に花を添えてもらいたい感じもあり、どちらにも勝ってほしい一番になります。

まあでも平幕での幕内最高優勝を十四日目で決めてしまった栃ノ心と千秋楽に二桁勝利を掛ける遠藤だと遠藤有利かも!?


◆竜電
竜電は魁聖との取組でした。

竜電は思い切って当たっていきました。

そして見事に差し勝ちもろ出しの体制を作りました。

しかし魁聖も粘り、最後は竜電の下手投げに対して魁聖も小手投げで対抗してきました。

先に魁聖の右腕が着きました。

竜電が下手投げで勝ってこれで二桁勝利達成です!!!

折角ですので明日も勝って11勝に乗せて三賞獲得を目指してもらいたいものです。


【優勝の行方は?】
栃ノ心が十四日目で平幕での初優勝を決めました。

ゴールデンウルフの栃ノ心のイメージは正攻法の四つ相撲を取る好きなタイプの力士ですが、どうしても上位陣に弱いという感じでした。

しかし今場所の栃ノ心は強かったというしか言葉がありません。

今場所は前頭3枚目の地位で優勝ですので、来場所は恐らく関脇の地位を獲得するのではないでしょうか。

来場所・再来場所と二桁勝ち星を上げれば大関と言う地位も見えるのではないでしょうか!


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

咳が止まらず、薬が無くなってしまいましたので病院へいったところ、激混みで帰宅が非常に遅くなってしまったゴールデンウルフです。


【放送席の面々】二日目
実況は沢田石アナウンサー

正面解説は第62代横綱大乃国の芝田山親方。

これは先場所の名古屋場所でも同じでしたね。

向正面解説は元前頭竹葉山の宮城野親方でした。


【主な取組結果】二日目
二日目の取組からは結びの一番を振り返ってみたいと思います。


◆白鵬 - 玉鷲
白鵬は張ってからカチ上げていきました。

しかし回しは取れず、一度離れましたが、白鵬は直ぐに左上手を取って出し投げを打ったところ、玉鷲が後ろを向いてしまいました。

白鵬は落ち着いて送り出しました。

これで2連勝としました。


【今日の安美錦】
初日白星スタートしました帰り入幕の安美錦ですが、2日目は輝との一番でした。

真っすぐに当たって空直ぐに安美錦がはたき込み、2連勝としました。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ