タグ:西岩

皆さん、おはようございます。

春場所も今日から終盤戦へ突入いたします。

十日目で優勝争いが一気に絞られてきた様に思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十日目
実況は沢田石アナウンサー

正面解説は私が知る限り初めてではないでしょうか!元関脇若の里の西岩親方でした。

向正面解説は元小結豊真将の立田川親方でした。


【主な取組結果】十日目
十日目の取組からはここまで負け無の横綱鶴竜と平幕魁聖の取組をそれぞれ振り返ってみたいと思います。


◆逸ノ城 - 魁聖
立ち合いでがっぷりと四つに組みました。

暫く土俵中央で動きが止まりましたが、最後は逸ノ城が引き付けて寄っていき寄り切りました。

逸ノ城が連勝の魁聖を十日目に止めました。

明日逸ノ城は横綱鶴竜との取組が組まれております。


◆鶴竜 - 千代丸
立ち合いで直ぐに四つに組んだ鶴竜でした。

落ち着いてそのまま千代丸を寄り切りました。

これで10連勝とし、明日は逸ノ城との取組が組まれております。

先場所は10連勝から4連敗と大崩れしてしまいましたが、今場所はどうなんでしょうかね。


【二桁力士を探せ!】
今場所はゴールデンウルフ的には苦戦を強いられているコーナーです。

既に九日目で竜電は6敗を喫しましたので終了しております。


◆玉鷲
玉鷲は千代大龍との取組でした。

立ち合いは五分に見えましたが、千代大龍に一気に押し込まれ、突き出されてしまいました。

玉鷲もこれで5勝5敗となりあとが無くなりました。


【優勝の行方は?】
十日目を終えて横綱鶴竜が単独トップに立ちました。

魁聖は1敗へ後退しております。

[全勝]鶴竜
[1敗]魁聖
[2敗]高安 逸ノ城


十日目は2敗力士には鬼門だったのかあっという間に2人となってしまいました。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日から大相撲春場所も初日を迎えました。

初日はのんびりと見たいと思っていたのですが、地上波の放送が17時からでしたので若干肩透かしを食らった感じのゴールデンウルフです。


【放送席の面々】初日
実況は大坂アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は何と元関脇若の里の西岩親方でした。

初日の向正面に舞の海さんが居ないのは珍しいですね。


【主な取組結果】初日
今場所は白鵬と稀勢の里の2横綱が休場ですので、鶴竜が1人横綱を務めています。

そんな初日からはその1人横綱の鶴竜の取組と先場所平幕優勝を果たした栃ノ心の取組を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 宝富士
立ち合いは宝富士の方が良かった様に見えました。

しかし栃ノ心は左上手を取り、右も下手を引いて万全の状態でしっかりと寄り切りました。

栃ノ心は初日を白星スタートとしております。

先場所の初優勝が自信に繋がっている様に見え、今場所も場所を盛り上げてくれそうな感じもします。


◆鶴竜 - 千代大龍
鶴竜は先場所千秋楽で指を痛めたという事でした。

しかし、鶴竜は低く当たって直ぐに右前まわしを取り、そのまま寄っていきました。

そのまま千代大龍を寄り切って破り、鶴竜は初日白星としております。



【二桁力士を探せ!】
先場所から始めたこのコーナーですが、先場所は何と1人正解しましたので、今場所も調子に乗って予想したいと思います。

しかし、今場所は初日が3月11日と東日本大震災の日である事から大相撲の放送は17時からの1時間だけでした。

前半戦は仕切りと言ったものは見られませんでしたが、二桁上げそうな力士を2人上げさせて頂きます。


◆竜電
まず1人目ですが、先場所二桁を当てさせて頂きました竜電を今場所も押したいと思います。

先場所見事に二桁を上げた竜電は今場所西前頭9枚目と番付を上げております。

初日の相撲を見る限り先場所と変わらないしっかりと前に出る相撲を取っている様にみえました。

しかも初日は実力者である隠岐の海を寄り切りで破って白星スタートをきっております。



◆玉鷲
もう一人は先場所関脇で6勝9敗と負け越してしまい前頭筆頭に番付を下げている玉鷲を上げたいと思います。

正直前頭筆頭での二桁はかなり大変な事だと思いますが、初日の豪栄道との相撲を見る限り可能性があるのではないかと思いました。


明日以降もこの二人の相撲を追っていきたいと思います。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

大雪も天気が良いとあっという間に溶けてしまいましたね。

でも朝は路面が凍ってしまうので通勤時には細心の注意を図りたいと思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十日目
実況は戸部アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は元関脇若の里の西岩親方でした。


【主な取組結果】十日目
十日目からは単独トップの鶴竜と1差で追っている栃ノ心の取組について振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 琴奨菊
立ち合いは五分でしたが、栃ノ心は直ぐに左上手を引きました。

こうなると栃ノ心が有利に見えました。

最後は下手も引いて栃ノ心がしっかり寄り切りました。

栃ノ心はこれで9勝1敗とし鶴竜を追っています。


◆鶴竜 - 隠岐の海
鶴竜は今日も低く当たっていきました。

そして右の前回しを引き、押し込んでいくと隠岐の海は回り込もうとしたところに上手出し投げ!

隠岐の海は後ろを向いてしまったところを送り出して鶴竜の勝ち!

鶴竜はこれで初日から負け無しの10連勝としました。


【二桁力士を探せ!】
今場所から新たな試みとして始めたこのコーナー。

初日の相撲を見た時点で10勝以上しそうな2力士を選んて毎日追っています。


◆遠藤
遠藤は松鳳山との取組でした。

松鳳山の激しい攻めにも土俵を割らず、遠藤は押し返してから最後は寄り切りました。

遠藤はこれで6勝4敗となり、終盤戦へ入っていきます。



◆竜電
竜電は十両の東龍との取組でした。

竜電はいつも通り低く当たっていきました。

そして右上手を引いて寄り切りました。

これで竜電は、6勝4敗となってしまいました。


【優勝の行方は?】
十日目を終えて横綱鶴竜が初日から勝ちっぱなしで10連勝としています。

[全勝]鶴竜
[1敗]栃ノ心
[2敗]大栄翔

鶴竜を1差で追っている栃ノ心ですが、既に直接対決は終わってます。

ただ、鶴竜はこれから三役以上との対戦が続きますので、栃ノ心も負けずについていけば、まだチャンスがあると思います。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

大相撲九州場所は序盤戦を終えました。

今場所は割と勝っている人と負けが込んでいる人がハッキリしている場所に感じているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】五日目
実況は三輪アナウンサー

正面解説は元関脇栃乃和歌の春日野親方。

向正面解説は元関脇若の里の西岩親方でした。


【主な取組結果】五日目
五日目からは結び前の白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆白鵬 - 栃煌山
白鵬は時間前に立ちましたが、栃煌山はそれに応じず立ち合い不成立となりました。

時間一杯となって、白鵬は立ち合い張り差しからカチ上げていきました。

そして白鵬はいなしてからしっかりと押し出しました。

最後、白鵬はちょっとダメ押しをしてしまった感もあり、気合十分というより、ちょっと雑な相撲の感じがしました。

白鵬はこれで5連勝として中盤戦へ突入していきます。


【今日の安美錦】
五日目の中入り後の時間には安美錦の再入幕インタビューでした。

取組は新入幕の大奄美と幕内では初顔の取組でした。

安美錦は頭で当たって直ぐに左に回って上手を取りました。

大奄美もジリジリと寄っていくも寄り切れず。

最後は土俵際で安美錦が一度大奄美を押し戻してからのすくい投げで安美錦の勝ち。

なんとこれで初日から5連勝としました。


【序盤戦を終えて】
五日目まで終えて、勝ちっぱなしは、横綱白鵬、大関豪栄道、幕内最年長で再入幕を果たした平幕安美錦の3人となってます。

1敗で7人が追う展開となってます。

今場所カド番で迎えた大関高安は五日目に玉鷲に敗れて4勝1敗となっています。

まずは早く勝ち越してカド番を脱してもらいたいと思います。

また、大関陥落してしまい今場所10勝上げれば大関に復帰する照ノ富士は初日から4連敗で五日目から休場となりました。

これで大関復帰は無くなってしまい、来場所は前頭でも後ろの方の番付を覚悟しなければなりません。

早く怪我を完治させてまた大暴れする事を期待したいと思います。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

四日目を終えて、今場所はどこに注目しようか分からなくなってきており、ブログの休場を考えたくなっているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】四日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は今場所初日に続いて2回目の登場となりました北の富士勝昭さん。

向正面解説は元関脇・若の里の西岩親方でした。


【主な取組結果】四日目
四日目からの取組は昨日相撲を取らずに負けてしまった日馬富士の取組を振り返ってみたい。


◆日馬富士 - 北勝富士
日馬富士は頭で当たっていきました。

しかし日馬富士は回しが取れてないのに寄っていったところ、北勝富士にはたかれ形勢逆転!

北勝富士は右上手を取ってしっかり寄っていきました。

寄り切って北勝富士の勝ち。

敗れた日馬富士は連敗となってしまいました。


四日目を終えて平幕で4連勝している力士が5人居る状況となっております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ