タグ:豊真将

皆さん、おはようございます。

大相撲夏場所が始まって1週間が経ち、楽しく過ごしているも少し疲れを感じているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】中日
実況は太田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は元小結豊真将の立田川親方でした。


【主な取組結果】中日
中日からは栃ノ心と逸ノ城の関脇同士の取組と白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 逸ノ城
予想通りに立ち合いでお互いがっぷりと四つに組みました。

逸ノ城は先に攻めたいと言っていた通り、一度栃ノ心を吊るも決まらず。

その後、栃ノ心は一度下手投げを打ってから巻きかえました。

もろ出しの体制で栃ノ心は寄っていきました。

土俵際で残す逸ノ城を何とか寄り切りました。

栃ノ心はこれで中日勝ち越し。勝ち越し一番乗りとなっております。


◆白鵬 - 豊山
白鵬は当然突いてくる豊山に合わせて突いて出ました。

白鵬が突いて出ると豊山は後ろに下がります。

そんな中、白鵬は一度引いたところで豊山が出てきたところ白鵬が二本差しの体制となり、寄っていきました。

決り手は白鵬の寄り倒しで7勝1敗としております。


【二桁力士を探せ!】
中日で二桁どころかまだ勝ち越しもちょっと遠い展開になってきてしまいました。


◆貴景勝
貴景勝は嘉風との一番でした。

立ち合いでは頭と頭で当たっていき、そこからは突き押しの攻防でした。

貴景勝あ張り手も交えて押し切りました。

これで貴景勝は3勝5敗としております。


◆佐田の海
佐田の海は攻め込んでいくも最後に足が滑ってしまい、浴びせ倒しで豪風の勝ちとなりました。

攻めていっての黒星とは非常に残念ですが、これで佐田の海は4勝4敗となってしまいました。

中日を終えて4敗は正直二桁は厳しそうですねぇ。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

春場所も今日から終盤戦へ突入いたします。

十日目で優勝争いが一気に絞られてきた様に思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十日目
実況は沢田石アナウンサー

正面解説は私が知る限り初めてではないでしょうか!元関脇若の里の西岩親方でした。

向正面解説は元小結豊真将の立田川親方でした。


【主な取組結果】十日目
十日目の取組からはここまで負け無の横綱鶴竜と平幕魁聖の取組をそれぞれ振り返ってみたいと思います。


◆逸ノ城 - 魁聖
立ち合いでがっぷりと四つに組みました。

暫く土俵中央で動きが止まりましたが、最後は逸ノ城が引き付けて寄っていき寄り切りました。

逸ノ城が連勝の魁聖を十日目に止めました。

明日逸ノ城は横綱鶴竜との取組が組まれております。


◆鶴竜 - 千代丸
立ち合いで直ぐに四つに組んだ鶴竜でした。

落ち着いてそのまま千代丸を寄り切りました。

これで10連勝とし、明日は逸ノ城との取組が組まれております。

先場所は10連勝から4連敗と大崩れしてしまいましたが、今場所はどうなんでしょうかね。


【二桁力士を探せ!】
今場所はゴールデンウルフ的には苦戦を強いられているコーナーです。

既に九日目で竜電は6敗を喫しましたので終了しております。


◆玉鷲
玉鷲は千代大龍との取組でした。

立ち合いは五分に見えましたが、千代大龍に一気に押し込まれ、突き出されてしまいました。

玉鷲もこれで5勝5敗となりあとが無くなりました。


【優勝の行方は?】
十日目を終えて横綱鶴竜が単独トップに立ちました。

魁聖は1敗へ後退しております。

[全勝]鶴竜
[1敗]魁聖
[2敗]高安 逸ノ城


十日目は2敗力士には鬼門だったのかあっという間に2人となってしまいました。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日は昼過ぎから雪に見舞われましたね。

東京まで通勤しているのですが、帰宅するのにどこの路線も遅れと混雑で帰るのに苦労しましたゴールデンウルフです。


【放送席の面々】九日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さんが今場所3回目の登場でした。

向正面解説は元小結豊真将の立田川親方でした。


【主な取組結果】九日目
九日目からは勝ちっぱなしの鶴竜と1敗同士の取組となりました御嶽海と栃ノ心の取組について振り返ってみたいと思います。


◆御嶽海 - 栃ノ心
立ち合いは五分に見えましたが栃ノ心が先に上手を引きました。

栃ノ心の方が有利な体勢に見えました。

その後、栃ノ心は下手も引いて寄っていき土俵際で最後はつり出しました。

1敗を守ったのは栃ノ心でした。


◆鶴竜 - 荒鷲
鶴竜は低く当たっていき直ぐ左の前回しを引きました。

右も前まわしを引いて横綱十分の形で寄っていきました。

全く荒鷲に何もさせませんでした。

鶴竜がただ一人勝ちっぱなしです。


【二桁力士を探せ!】
今場所から新たな試みとして始めたこのコーナー。

もし選んだ力士が6敗目をしてしまった時点でその場所でのこのコーナーは終了としますね。


◆遠藤
遠藤は魁聖との取組でした。

遠藤の立ち合いは決して悪くなかった様に見えました。

しかし魁聖に右上手を取らせてしまい、そのまま寄られてしまいました。

寄り切りって魁聖の勝ち。

これで遠藤は5勝4敗となってしまいました。



◆竜電
竜電は蒼国来との取組でした。

竜電はいつも通り立ち合いでは低く当たっていきましたが、蒼国来に四つに組まれてしまいました。

蒼国来に寄り倒されてしまいました。

これで竜電は、5勝4敗となってしまいました。


【優勝の行方は?】
九日目を終えて勝ちっぱなしは鶴竜だけです。

2敗で九日目を迎えた3力士は全員負けてしまったので、急に優勝争いの一覧が寂しくなりました。


[全勝]鶴竜
[1敗]栃ノ心
[2敗]御嶽海 大栄翔

既に鶴竜と栃ノ心との直接対決は終わってますが、栃ノ心がこのまま1差でついていく様ならまだ栃ノ心にもチャンスがあるのではないでしょうか!


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

秋場所は残すところあと2日となりました。


【放送席の面々】十三日目
実況は太田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さんが今場所3回目の登場でした。

向正面解説は元小結豊真将の立田川親方でした。


【主な取組結果】十三日目
十三日目の相撲からは豪栄道の一番を振り返ってみたい。


◆豪栄道 - 貴景勝
豪栄道は立ち合いで張っていきました。

そして豪栄道はすぐさまはたいてしまいました。。。

正直全く良いところがなく、最後は足を滑らせて前に手を着いてしまいました。

貴景勝はこれで勝ち越し。

敗れた豪栄道はこの終盤で連敗となり3敗目を喫してしまいました。

豪栄道は緊張からでしょうか、全く自分の相撲が取れず、遂に日馬富士と星1つとなってしまいました。


◆優勝の行方は?
何という事でしょう!

10人も居た4敗力士が2人になっているではありませんか!

[3敗]豪栄道
[4敗]日馬富士 朝乃山

千秋楽は日馬富士と豪栄道が直接対決ですので、これは分からなくなってしまいました。

こんな事もあるんですね。

しかも4敗力士は何と10人も居ますが、11勝4敗での優勝は無いと思ってます。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


放送席の面々_夏_中日
皆さん、おはようございます。

今日から大相撲夏場所も後半戦に入ります。

残り1週間ゴールデンウルフも気合を入れなおしてブログ更新に努めたいと思います。


【放送席の面々】中日
実況は船岡アナウンサー

正面解説は今場所中日にして4度目の北の富士勝昭さんが着物姿で登場してました。
夏場所_寛ぐ北の富士さん
しかも途中かなりくつろいでいる状態がテレビに映ってしまってました(汗)

そして焦った北の富士さんは、高安の事を浦安と言い間違えていました(汗汗汗)

向正面解説は元小結豊真将の立田川親方でした。
向正面の方_夏_中日

【主な取組結果】中日
中日は負けなしで勝ち越しの掛かる横綱日馬富士、白鵬と大関昇進をかける高安の取組を振り返ってみたい。


◆高安 - 嘉風
大関昇進をかける高安は嘉風との一番でした。

高安はいつもと同じく胸で当たっていきました。

そして突いてから直ぐに叩いたところで嘉風が土俵に手をついてしまいました。

これで高安は7勝1敗で明日からの後半戦に入っていきます。


◆白鵬 - 琴奨菊
白鵬は直ぐに上手を取りました。

その後、左四つとなりましたが、タイミングを計って上手出し投げで琴奨菊土俵に転がしました。

白鵬はこれで中日勝ち越しとなりました。


◆日馬富士 - 千代翔馬
日馬富士は千代翔馬との一番でした。

日馬富士は頭で当たっていきました。

そしてのど輪で突いて千代翔馬を問題にしませんでした。

押し出して日馬富士も中日勝ち越しとなりました。


◆優勝の行方は?
今場所は2横綱が勝ちっぱなしで中日勝ち越しとなり、他の力士が割って入れるか微妙ですが、中日を終えた時点での優勝争いは下記の通りとなっています。

[全勝]日馬富士 白鵬
[1敗]高安
[2敗]稀勢の里 照ノ富士 玉鷲 正代 北勝富士 輝 栃ノ心 宇良 大翔丸

日馬富士と白鵬が全勝で折り返しておりますので、この二人が中心なのは間違いありませんが、優勝のカギを握るのは稀勢の里と玉鷲辺りだと考えます。


◆新入幕の二人
新入幕でも好調が続いている阿武咲、今日は幕内で大人気の宇良との一番でした。

どちらも今場所は好調で5勝2敗同士の取組になります。

低い姿勢から潜り込もうとする宇良、それを許さない阿武咲でした。

阿武咲は終始突いて宇良を起こそうとしましたが、宇良はあくまでタックルの様に低く低く潜り込もうとしました。

そして最後は宇良が右にいなして阿武咲を押し出しました。

阿武咲は宇良に敗れて5勝3敗となりました。

豊山は琴勇輝との一番でした。

今日の豊山は前に出ていく相撲を見せましたが、足がついていきませんでした。

琴勇輝の肩透かしで敗れ、豊山は1勝7敗となってしまいました。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


【和牛専門通販たわら屋】

↑このページのトップヘ