タグ:豪栄道

皆さん、おはようございます。

秋場所の優勝は千秋楽までもつれました。

しかし、この秋場所は本当に星勘定が平たくなったなぁと感じるゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は元大関琴風の尾車親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の相撲からは優勝を占う豪栄道と日馬富士の取組を振り返ってみたい。


◆豪栄道 - 貴ノ岩
手つき不十分で2度行司に止められて3度目の立ち合いでした。

豪栄道は低く当たってまたも直ぐにはたきましたが、その後思い直したか前に出ていきました。

その後貴ノ岩にいなされて、はたかれて危ない場面がありました。

豪栄道は最後、渡し込んで出ていきました。

決り手は渡し込みで豪栄道の勝ち!

これで結びの日馬富士の結果を待つ事になりました。


◆日馬富士 - 御嶽海
日馬富士は頭でしっかり当たっていきました。

日馬富士は両上手を引き、それ程良い体勢ではないかと思いましたが、そのまま寄っていきました。

しっかりと寄り切って日馬富士の勝ち。

これで明日の結びの豪栄道との直接対決に優勝争いがもつれる事になりました。


◆優勝の行方は?
千秋楽に優勝の可能性があるのは横綱 日馬富士と大関 豪栄道に絞られました。

千秋楽は日馬富士と豪栄道の直接対決ですので、優勝力士の成績は12勝3敗か11勝4敗という事になります。

最近の優勝の中ではあまり高い成績ではない優勝となります。


[3敗]豪栄道
[4敗]日馬富士


豪栄道が優勝するには本割か優勝決定戦のどちらかで勝てば優勝。

一方日馬富士は本割で勝って、決定戦に持ち込んで決定戦でも勝たないと逆転優勝になりません。

成績的には豪栄道が有利ですが、精神的には日馬富士が有利と言ったところでしょう!

終盤戦の相撲を見ている限り、日馬富士の逆転優勝もあるのでは!?


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

今場所は上位陣の休場が相次いでおり、今年最後の九州場所では世代交代が更に進んでしまうのではないかと考えるゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十一日目
実況は厚井アナウンサー

厚井アナウンサーは幕内の実況は初めてだったのではないでしょうか?

正面解説はだい第62代横綱大乃国の芝田山親方。

向正面解説は元小結旭豊の立浪親方でした。


【主な取組結果】十一日目
十一日目の相撲からは単独トップの豪栄道、1差で追う千代大龍の相撲を振り返ってみたい。


◆玉鷲 - 千代大龍
千代大龍は過去の対戦成績で6勝2敗とリードしている玉鷲との取組でした。

千代大龍はカチ上げていきましたが、玉鷲は下がることなく出ていきました。

そして千代大龍は少し引いてしまったところで勝負あり。

玉鷲がそのまま千代大龍を押し出しました。

千代大龍は敗れて3敗に後退してしまいました。

相撲とは関係ありませんが、千代大龍はもみあげを伸ばしているのでしょうか?

昔、闘牙(千田川親方)と隆の鶴(田子の浦親方)がもみあげをトレードマークとしていたのを思い出しました!


◆豪栄道 - 御嶽海
豪栄道はしっかり頭で当たっていき、直ぐに回しを引きました。

豪栄道は御嶽海のあごの下に頭を付けて寄っていき、そのまま寄り切りました。

とても良い内容で強い勝ち方をした様にみえました。


◆優勝の行方は?
十一日目を終えて豪栄道が1敗で単独トップをキープしております。

そして何と2敗が居なくなってしまいました。

残り4日間という事を考えると豪栄道の優勝の確率はかなり高いとみえます。


[1敗]豪栄道
[3敗]千代大龍 貴ノ岩 朝乃山


仮に豪栄道が優勝すると2回目の優勝となりますが、いずれもカド番での優勝となります。

今場所は上位陣が全然いない事を考えると来場所に綱取りの場所とは言われないのではないかと思ってしまいます。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

三連休明けで久々に2度寝をしてしまい自宅を出るのが若干遅くなってしまいましたゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十日目
実況は吉田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さんが初日以来の登場でした。

向正面解説は元前頭竹葉山の宮城野親方でした。


【主な取組結果】十日目
十日目の相撲からは単独トップに立っている豪栄道の相撲を振り返ってみたい。


◆豪栄道 - 栃煌山
豪栄道は立ち合い低く頭で当たっていきました。

回しには拘らずしっかり押していき、押し切りました。

豪栄道は1敗を守っております。


◆優勝の行方は?
十日目を終えて依然として豪栄道が1敗で単独トップをキープしております。

[1敗]豪栄道
[2敗]千代大龍
[3敗]阿武咲 宝富士 貴ノ岩 荒鷲 大翔丸 朝乃山

日馬富士は貴景勝に敗れて4敗と一歩後退となりました。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

昨日は台風一過で好天に恵まれ非常に暑くなりました。

子供達を連れて広めの公園に出掛けたところ又もや日焼けをしてしまったゴールデンウルフです。


【放送席の面々】九日目
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は舞の海秀平さんが二日目以来の登場でした。

向正面解説は元関脇寺尾の錣山親方でした。

錣山親方は職務が審判部から変わった様で今後もまたむこう向正面に座る事が多くなるかも知れませんね。


【主な取組結果】九日目
九日目の相撲からは1敗力士が3人居ましたが、そのうちの豪栄道と阿武咲の2人の取組を振り返ってみたい。


◆阿武咲 - 千代大龍
千代大龍はバチンと張っていき、肩で当たってから突き放していきました。

千代大龍は突っ張ってからはたきました。

さすがの阿武咲も何も出来ず、2敗と一歩後退してしまいました。

勝った千代大龍は2敗を守っています。

どちらも明日十日目に勝ち越しを掛ける事になりました。


◆豪栄道 - 碧山
豪栄道は張り差しにいくも碧山に突き放されました。

しかし豪栄道は頭を上げる事もなく、碧山をよく見て左に回ったところで碧山が手をついてしまい勝負あり。

決り手は突き落としで豪栄道が幕内最初の勝ち越しとなり、カド番も脱出しました。


◆優勝の行方は?
九日目を終えたところで遂に豪栄道が単独トップに立ちました。

3敗まで記載するとかなりの人数でしたが、何かスッキリしてしまいました。

[1敗]豪栄道
[2敗]阿武咲 千代大龍 貴ノ岩 大翔丸
[3敗]日馬富士 宝富士 荒鷲 大栄翔 朝乃山



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


放送席の面々_春_6日目
皆さん、おはようございます。

今日から3連休の方も多いのではないでしょうか!

普通のサラリーマンをしているゴールデンウルフも3連休です。

【放送席の面々】六日目
実況は船岡アナウンサー

正面解説は元関脇栃乃和歌の春日野親方

向正面解説は元関脇若の里の西岩親方でした。
向正面の方_春_6日目

【主な取組結果】六日目
六日目はなんと言っても5連勝同士の直接対決2番を振り返ってみたい。

◆高安 - 照ノ富士
立ち合いは高安の方が1歩踏み込んだ様に見えた。

その後、高安がのど輪も含めてそのまま押していき、照ノ富士を一気に押し出した。

高安の完勝と言える一番であった。

◆稀勢の里 - 宝富士
お互い左四つを得意としている二人ですので、普通に立ち合うと左四つになります。

立ち合うと予想通り左四つになりました。

宝富士はなかなか上手が取れず、稀勢の里はそのまま土俵際まで寄っていき、寄り切り。

新横綱は万全の相撲で6連勝としました。


◆今度は豪栄道が休場!!
二日目から4連敗とご当地場所にも関わらず元気のなかった豪栄道が六日目より休場となりました。

右足首の外側のじん帯の損傷との事です。

これで来場所はカド番で迎える事になりそうです。
豪栄道休場


◆優勝の行方は?
ようやく六日目が終わったところですので、優勝争いというのは気が早いですが、今後の展開も含めて占ってみました。

初日から順調に白星を積み重ねているのは新横綱稀勢の里、関脇高安、前頭10枚目栃煌山の3人。

鶴竜は六日目に松鳳山に突き出しで敗れてしまい痛い2敗目を喫した。

全勝の3人を追っているのは、大関照ノ富士、前頭3枚目宝富士、前頭7枚目千代翔馬の3人だけです。

稀勢の里、高安の田子の浦勢の相撲を見る限り、大崩れする様には見えないので、全勝3人、1敗3人の計6人の中から優勝が決まりそうに思える。

ゴールデンウルフの勝手な希望としては、田子の浦勢の二人の15戦全勝同士の優勝決定戦が見たいですね。

高安は九州場所は関脇で7勝8敗と負け越しているが、初場所で11勝上げているので、もし今場所で15戦全勝なら33勝になるので大関昇進するでしょうね。

仮に14勝1敗でも32勝ですので大関昇進も十分あり得ると思ってしまいます。


【ブログランキングに参加中です!】

相撲 ブログランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


金運アップ習慣【お財布専用ふとん】

↑このページのトップヘ