タグ:霧島

皆さん、おはようございます。

このまますんなりと栃ノ心の優勝が決まってしまうのかと思っていましたが、分からなくなりました。

残り二日間ですが、相撲ファンとしては面白い展開となったと思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十三日目
実況は佐藤アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は元小結栃乃花の二十山親方でした。


【主な取組結果】十三日目
十三日目の取組からは単独トップの栃ノ心と正代の取組を振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 正代
栃ノ心は立ち合いで左上手が取れませんでした。

そこで突き放していこうとしましたが、ここで正代の引きに着いていけませんでした。

引き落としで正代の勝ち。

栃ノ心は十三日目で今場所初の黒星を喫しました。

栃ノ心は白鵬に勝った事で優勝を意識したのかちょっと動きが硬かった気もしました。

これで優勝争いが分からなくなりました。


【二桁力士を探せ!】
十三日目を終えて遂にドボンとなってしまいました。

まあ、こればかりは仕方ありませんね。

◆貴景勝
貴景勝は碧山とお互い勝ち越しを掛けた一番でした。

碧山が突いてきますが貴景勝はよく見て効率用突いて上手く押し出しました。

貴景勝はこれで中日から6連勝とし、8勝5敗と勝ち越しを決めております。


◆佐田の海
佐田の海は3敗で優勝争いに残っている千代の国との一番でした。

千代の国はやはり成績通り調子が良いのか立ち合いで前に出て左上手を引いてそのまま寄り切りました。

佐田の海は十三日目で7勝6敗となってしまい、これで今場所の二桁勝利は無くなってしまいました。

しかしながらあと二日ありますので、勝ち越し目指して頑張ってもらいたいものです。


【優勝の行方は?】
十三日目を終えて栃ノ心に遂に土が付きました。

これで一応3敗の千代の国まで可能性としては広がりました。

そして十四日目の鶴竜と栃ノ心との直接対決が更に大きな意味を持つ事になりました。


[1敗]鶴竜 栃ノ心
[2敗]白鵬
[3敗]千代の国



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

流石に十四日目で鶴竜の優勝が決まってしまいました。

しかし千秋楽には来場所の番付争いには非常に重要になってきますので、いつも以上に千秋楽は注目しているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十四日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は元小結普天王の稲川親方でした。


【主な取組結果】十四日目
十四日目の取組からは3敗で鶴竜を追っている大関高安と関脇御嶽海の取組と勝てばその時点で優勝の決まる横綱鶴竜と大関豪栄道の取組を振り返ってみたいと思います。


◆高安 - 御嶽海
高安はカチ上げていき、対する御嶽海はそれを上手く受けて押っ付けながらのど輪で押していきました。

そのまま土俵際まで高安を押し込みましたが、高安はくるりと一回転して土俵際を脱します。

御嶽海は積極的に攻めていくも最後は土俵際まで追い込まれた高安の突き落としに敗れてしまいました。

勝った高安は11勝3敗としました。

一方敗れた御嶽海は6勝8敗と久々の負け越しとなってしまいました。

また明日の取組に三役残留を掛ける事になります。


◆鶴竜 - 豪栄道
お互い頭で当たっていきました。

鶴竜は直ぐに引きながら、はたき込みました。

豪栄道が落ちるのを確認してから鶴竜も土俵下に落ちていきました。

相撲内容は良いものではありませんでしたが、十四日目で鶴竜がしっかりと優勝を決めました。


【優勝の行方は?】
十四日目で鶴竜が8場所ぶり4回目の幕内最高優勝を果たしました。

おめでとうございます!!

先場所は10連勝しながらも優勝を逃してしまった鶴竜でしたが、今場所こそ完全復活の優勝を飾る事が出来たのではないでしょうか。

優勝インタビューでは鶴竜自身でも『まあ、相撲はね。最悪でしたけどまあ勝つことが出来て本当に良かったです。』と言っていたのが印象的でした。

千秋楽では大関高安との取組が組まれているので良い相撲をとって頂きたいと思います。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

大雪も天気が良いとあっという間に溶けてしまいましたね。

でも朝は路面が凍ってしまうので通勤時には細心の注意を図りたいと思っているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十日目
実況は戸部アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は元関脇若の里の西岩親方でした。


【主な取組結果】十日目
十日目からは単独トップの鶴竜と1差で追っている栃ノ心の取組について振り返ってみたいと思います。


◆栃ノ心 - 琴奨菊
立ち合いは五分でしたが、栃ノ心は直ぐに左上手を引きました。

こうなると栃ノ心が有利に見えました。

最後は下手も引いて栃ノ心がしっかり寄り切りました。

栃ノ心はこれで9勝1敗とし鶴竜を追っています。


◆鶴竜 - 隠岐の海
鶴竜は今日も低く当たっていきました。

そして右の前回しを引き、押し込んでいくと隠岐の海は回り込もうとしたところに上手出し投げ!

隠岐の海は後ろを向いてしまったところを送り出して鶴竜の勝ち!

鶴竜はこれで初日から負け無しの10連勝としました。


【二桁力士を探せ!】
今場所から新たな試みとして始めたこのコーナー。

初日の相撲を見た時点で10勝以上しそうな2力士を選んて毎日追っています。


◆遠藤
遠藤は松鳳山との取組でした。

松鳳山の激しい攻めにも土俵を割らず、遠藤は押し返してから最後は寄り切りました。

遠藤はこれで6勝4敗となり、終盤戦へ入っていきます。



◆竜電
竜電は十両の東龍との取組でした。

竜電はいつも通り低く当たっていきました。

そして右上手を引いて寄り切りました。

これで竜電は、6勝4敗となってしまいました。


【優勝の行方は?】
十日目を終えて横綱鶴竜が初日から勝ちっぱなしで10連勝としています。

[全勝]鶴竜
[1敗]栃ノ心
[2敗]大栄翔

鶴竜を1差で追っている栃ノ心ですが、既に直接対決は終わってます。

ただ、鶴竜はこれから三役以上との対戦が続きますので、栃ノ心も負けずについていけば、まだチャンスがあると思います。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

今場所は白鵬が強すぎて野球で言うとワンサイドゲームになってしまっています。

ちょっと面白みには欠ける展開と思ってしまうゴールデンウルフです。


【放送席の面々】九日目
実況は沢田石アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。


【主な取組結果】九日目
九日目の取組からは幕内の若い力とでも言うのでしょうか阿武咲と貴景勝の取組と連勝を続けている白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆阿武咲 - 貴景勝
立ち合いで貴景勝は突き起こしていきました。

阿武咲も突き返した後にはたきましたが、まだ残る貴景勝を押しつぶす様に突き落としました。

今場所は阿武咲に軍配が上がっております。

勝った阿武咲は3勝6敗、負けた貴景勝は6勝3敗となりました。


◆白鵬 - 千代の国
白鵬が張って直ぐに左上手を引き、上手出し投げがそのまま決まってしまいました。

千代の国は何もさせてもらえませんでした。

白鵬はこれで9連勝としました。


【今日の安美錦】
九日目の安美錦は大栄翔との一番でした。

安美錦は頭で当たっていきましたが、大栄翔終始突き放していきました。

安美錦は何とか回り込んでなんとかしようとするもそのまま突き出されてしまい、今場所初の連敗となりました。

これで安美錦は6勝3敗となりました。


【優勝の行方は?】
九日目が終わったところで横綱白鵬は9連勝で単独トップです。

なんとなんと九日目で1敗力士3人が全員負けてしまい、白鵬と星2つ差となってしまいました。

[全勝]白鵬
[2敗]豪栄道 玉鷲 北勝富士 逸ノ城 荒鷲 隠岐の海



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

今日は三連休の最終日ですが、如何お過ごしでしょうか?

どこに行っても中々と混んでいました。

今日はのんびりと大相撲をLIVEで見たいなぁと考えているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】中日
実況は大坂アナウンサー

正面解説は元大関霧島の陸奥親方。

向正面解説は元小結旭豊の立浪親方でした。


【主な取組結果】中日
中日で勝ち越しを掛ける白鵬、それを追う高安、2敗ながらもなんとか白鵬を追っている日馬富士の取組を振り返ってみたい。


◆高安 - 千代翔馬
高安はいつも通り胸で当たりカチ上げながら左下手を取りました。

千代翔馬もしっかり当たっていきましたが、回しは取れませんでした。

高安はそのまま寄っていき、寄り倒して高安の勝ち。


◆白鵬 - 宇良
白鵬は宇良を警戒したのでしょうか、立ち合いで手を出して左に少しかわしました。

その後も中に入りたい宇良でしたが、白鵬も強引に起こしにいき最後は土俵際でのすくい投げで白鵬の勝ち。

白鵬は中日勝ち越しで、通算勝星数も1,044とし歴代最多勝星である魁皇の1,047まであと3、千代の富士の1,045まであと1としました。


◆日馬富士 - 輝
日馬富士は頭で当たっていきましたが、下がらない輝。

輝は突いて出ました。

日馬富士は左に回りながら左下手を取って、輝の左に回ったところで輝はバランスを崩す感じで土俵に手をついてしまいました。

決り手は下手出し投げで日馬富士の勝ち。


◆優勝の行方は?
中日を終わったところで遂に白鵬が単独トップに立ちました。

また七日目終えて9人居た2敗力士が中日で5人が敗れてあっという間に4人となってしまいました。

[全勝]白鵬
[1敗]高安 碧山
[2敗]日馬富士 阿武咲 千代大龍 宝富士

七日目まで全勝でした碧山は阿武咲に押し出しで敗れて1敗と後退しております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


お肉の贈り物【肉贈】

↑このページのトップヘ