タグ:高安

皆さん、おはようございます。

昨日大相撲春場所も千秋楽を迎えて今場所も何とかブログ更新を完了出来て若干肩の荷が下りた気がしているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】千秋楽
実況は太田アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。

実は今場所この北の富士さんと舞の海さんのゴールデンコンビは初めてでした。


【主な取組結果】千秋楽
もう優勝は決まってしまっておりますが、千秋楽の相撲からはこれより三役以降の3番を振り返ってみたいと思います。


◆逸ノ城 - 栃ノ心
立ち合いで直ぐにがっぷり四つに組みました。

差し手争いの末に逸ノ城は栃ノ心を吊りますが、そのまま土俵は割れず。

逆に栃ノ心はその後、逸ノ城の上手を切って寄っていきました。

栃ノ心が逸ノ城っを寄り切って10勝目を上げました。

これで栃ノ心は先場所平幕でしたが14勝、そして今場所は10勝と上げましたので、来場所は大関取りの場所になるのではないでしょうか!

期待したいと思います。


◆御嶽海 - 豪栄道
お互い低く当たっていきました。

豪栄道は上手を取って直ぐに上手投げにいくも決まらず、御嶽海を呼び込んでしまう事になりました。

御嶽海はここがチャンスとばかりに寄って、豪栄道も防戦するも最後は浴びせ倒しで御嶽海の勝ち!

御嶽海はこれで7勝8敗で今場所を終える事となり、何とか三役は守った様です。


◆鶴竜 - 高安
お立ち合い互い頭で当たっていきました。

終始高安が突っ張って鶴竜を攻め立てました。

鶴竜は土俵際で引き落とし高安がそれについていくも前に倒れてしまい軍配は鶴竜に上がりました。

しかし、勝ち名のりされる前にようやく物言いがつきました。

協議の結果、鶴竜の踵が出るのと高安の足の甲が返るのが同時と見て取り直しとなりました!


取り直しの一番は高安張って直ぐに上手を取りにいきました。

そのまま四つに組んで物凄い勢いで寄り切りました!

高安はこれで12勝3敗としました。

既に優勝を決めている鶴竜は13勝2敗での優勝となりました。


◆表彰力士
[幕内優勝]
鶴竜(4回目)  13勝2敗

(三賞受賞)
[殊勲賞]
栃ノ心(2回目) 10勝5敗

[敢闘賞]
魁聖(3回目)  12勝3敗

[技能賞]
遠藤(2回目)  9勝6敗


[十両優勝]
佐田の海(初)  11勝4敗



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

ここのところ寒暖の差が激しい日々が続いています。

皆さんは如何お過ごしでしょうか?

花粉も気になる季節になりましたが、今年は毎日の鼻うがいでなんとか凌いでいるゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十一日目
実況は吉田アナウンサー

正面解説は元大関琴風の尾車親方。

向正面解説は舞の海秀平さんでした。


【主な取組結果】十一日目
十一日目の取組からは優勝争いに関わる高安と栃ノ心、それと鶴竜と逸ノ城の取組をそれぞれ振り返ってみたいと思います。


◆高安 - 栃ノ心
高安は立ち合いで胸を出していきました。

そのまま出ていき、土俵際で高安は押し込んでいき、栃ノ心は突き落としていきました。

行司軍配は高安に上がるも物言い!

高安の落ちるのと栃ノ心の体が飛ぶのとどちらが早いかという事でした。

しかし、土俵際に差し掛かる前に栃ノ心のかかとが先に出ていました。

協議の結果、軍配通り高安の勝ちとなりました。


◆鶴竜 - 逸ノ城
立ち合い鶴竜は頭を付けていきました。

鶴竜はあくまで頭を付けて相撲を取っていました。

逸ノ城は肩越しに回しを取って多少強引に出ていこうとしましたが、鶴竜は落ち着いていました。

しっかりと逸ノ城を寄り切りました。

鶴竜勝って初日から11連勝とし、明日は栃ノ心との取組が組まれております。


【二桁力士を探せ!】
ゴールデンウルフが苦戦を強いられているコーナーです。


◆玉鷲
玉鷲は琴奨菊との取組でした。

立ち合いはお互いに頭で当たっていって玉鷲が一度離れようとしたところ、琴奨菊が前に倒れてしまいました。

玉鷲が引き落としで勝って6勝5敗としております。


【優勝の行方は?】
十一日目を終えて横綱鶴竜が11連勝で単独トップをキープしております。

魁聖は不戦勝で1敗のままとなっております。

[全勝]鶴竜
[1敗]魁聖
[2敗]高安


直接対決で鶴竜に敗れた逸ノ城は3敗と後退しております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

皆さん、おはようございます。

昨日、会社からの帰路で保土ヶ谷駅での人身事故の為、運転見合わせにより自宅まで3時間以上を要してしまったゴールデンウルフです。


【放送席の面々】十一日目
実況は藤井アナウンサー

正面解説は元大関琴欧州の鳴戸親方。

向正面解説は元関脇北勝力の谷川親方でした。


【主な取組結果】十一日目
十一日目の取組からはカド番脱出の勝ち越しを掛けた高安と10連勝中の白鵬の取組を振り返ってみたいと思います。


◆高安 - 逸ノ城
高安は胸で当たっていきました。

立ち合いの当たりで逸ノ城は後ろに下がってしまい、高安は直ぐに突いて出ました。

押し出しで高安の勝ち!

これで高安は勝ち越しを決め、カド番を脱出しました。

この逸ノ城との取組は怪我をする前の良い相撲が戻ってきた様に見えました。


◆白鵬 - 嘉風
白鵬は張って出ていました。

嘉風は直ぐに懐に入り、もろ出しとなったところで白鵬が力を抜いてしまいました。

そのまま嘉風が寄り切って嘉風の勝ち。

敗れた白鵬は土俵下で手を上げ物言いじゃないかと訴えるも認められず。

白鵬からすると嘉風の立ち合いが若干遅れたので『待った』ではないかと言うと事でした。

ただ、行司から待ったの声が無いのであればそのまま取り続けるべきではないかと思ってしまった。

録画で見ても嘉風はしっかり手を着いて立ち合っていて、白鵬も立っている。

白鵬としては立ち合い遅れた力士に勝っても後味が悪いと言う様な心境があったのではないかと推測してしまう。

いずれにしてもこれで白鵬は今場所初の黒星を喫してしまい10勝1敗としました。


【今日の安美錦】
十一日目の安美錦は正代との一番でした。

安美錦は肩から当たってきました。

正代には力強く出られて土俵際まで追い込まれてしまいました。

安美錦は上手をとって回り込んでの上手投げを打つも決まらず、最後は正代に引き落とされてしまいました。

これで7勝4敗となってしまい、勝ち越しはおあずけとなってしまいました。


【優勝の行方は?】
十一日目に横綱白鵬が敗れたことでようやく3敗の力士にも可能性が出てきました。

[1敗]白鵬
[2敗]北勝富士 隠岐の海
[3敗]高安 玉鷲 遠藤

優勝の行方は八角部屋の二人がカギを握る展開に変わっております。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


皆さん、おはようございます。

今年最後の両国国技館が昨日初日を迎えました。

しかし3横綱休場とちょっと寂しいながらもその代わりに初優勝という言葉が頭を過るゴールデンウルフです。


【放送席の面々】初日
実況は三瓶アナウンサー

正面解説は北の富士勝昭さん。

向正面解説は舞の海秀平さんといつもと変わらない面々でした。


【主な取組結果】初日
嘉風、御嶽海と両関脇が黒星スタートとなり、照ノ富士、豪栄道も初日黒星と上位陣が次々敗れる嫌な流れで迎えた結びと結び前の取組について振り返る事にしました。


◆高安 - 栃ノ心
高安は胸で当たるもしっかりと踏み込んでいきました。

栃ノ心は突き放しにいくも高安は中に入ってそのまま押していきました。

高安は白星スタートとなりました。

尚、決り手は寄り切りと場内アナウンスされましたが、回しを取ってなかったのでその後押し出しに訂正されました。


◆日馬富士 - 栃煌山
1人横綱なので今場所は全て結びで相撲を取ることになる日馬富士は初日栃煌山との取組でした。

日馬富士は真っすぐに鋭く当たっていきました。

直ぐに上手を引きましたがちょっと深い位置の上手でした。

その後、日馬富士は息を整えてからの上手投げで白星スタートとしました。


初日の相撲を見る限り、日馬富士と高安のどちらかが優勝する可能性が高いと言いたくなるが、混戦になる可能性も十分考えられそうです。


【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

放送席の面々_名_2日目
皆さん、おはようございます。

最近は昼休みに外へ出ると唸るような暑さでいつ梅雨が明けるんだろうと気になっているゴールデンウルフです。


【放送席の面々】二日目
実況は沢田石アナウンサー

正面解説は初日に向正面解説でした舞の海秀平さんでした。

向正面解説は元関脇若の里の西岩親方でしたが、地上波の放送は17時からという事もあり、声だけの出演でした。


【主な取組結果】二日目
二日目の取組からは新大関 高安の一番、そして白鵬と稀勢の里のそれぞれの一番を振り返る事にしました。

◆高安 - 勢
高安の立ち合いはいつも通り胸で当たりながらカチ上げていきました。

その後、高安は回しは取らずそのまま前へ前へ出ていき、勢を俵の外まで押し切りました。

決り手は寄り切りとなりましたが、高安が新大関での初白星を上げました。


◆白鵬 - 栃ノ心
白鵬は対戦成績でも一度も負けていない栃ノ心との一番でした。

白鵬と栃ノ心は相四つという事もあり、立ち合いで直ぐに右四つになりました。

やはり右四つに組んだ場合は白鵬の方が実力的にも上回っていると言うしかないようです。

途中引き付け合いの力比べもありましたが、最後は白鵬がしっかり寄り切りました。

白鵬はこれで通算勝星数を1,038とし歴代最多勝星である魁皇の1,047まであと9としカウントダウンに入りました。


◆稀勢の里 - 貴景勝
初日黒星スタートとなってしまった稀勢の里は新星貴景勝との一番でした。

稀勢の里は立ち合いで回しは取れず、貴景勝は突き放していきました。

貴景勝はその後も突き放しに徹していました。

稀勢の里もそれに付き合うかの如く突き放していきましたが、貴景勝は下がらず、最後は貴景勝の動きをよく見ていた稀勢の里がタイミング良く突き落としました。

稀勢の里が貴景勝の挑戦を退けて今場所初白星を手にしております。



【ブログランキングに参加中です!】


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


国産馬刺しプレミアム

↑このページのトップヘ